『ブレンド・S』  第八話「アイドル属性も、ついてます」


 にっこにっこにー!

 急にどうしたと思うなかれ、徳井青空さんである。矢沢ニコちゃんである。これが叫ばずにいられようか! いいや! 「無理」だッ! 押すねッ!(何をだ)

 

アイドル属性も、ついてます


 スティーレの控室で、店長が可愛らしい女の子を面接中。あ、前回のラストで思わせぶりな登場をした彼女ですね。
 そこに苺香が出勤してきて、面接は中断します。ディーノは何か聞きたいことがあったみたいですが、こんなに可愛い女の子が志望しているのですから、ちょっとした疑問があろうと些末事ですよ。雇え店長。今スグ雇え。今でしょ!(古い……)


 花も恥じらう女子高生である彼女の名は「神崎ひでり」。
 銀髪、デコっぱち、そして「ボクっ子」と、既にキャラ設定が完了しているという驚異のハイスペック女性です。
 例えるなら、「物語の中盤で仲間になったキャラは、成長してきた他メンバーと同等のステータスを持つ」みたいな事象ですかね。ワンピースで言うなら、初期のウソップが今仲間になっても邪魔なだけみたいな。

 苺香と盛り上がる彼女ですが、店長が「まだ採用と確定してない」と水を差します。すると、一気に涙ぐむひでり。そこへやってきたのは秋月。「くず折れて涙する少女とディーノ店長」という構図を認めた秋月は、ふっと息を吐いた後、

 すぐさま110番。

 いやーなんて正しい行動だろう。こんな大人になりたいなぁ。

 

 神崎ひでりちゃんの採用を渋るディーノは「星川さんとキャラがかぶるかも」と心配しています。
「たしかに、ロリだ」と秋月が同調すると、「いや、麻冬さんはロリというよりロリババア――」

 ズブリ。

 穴を一突きにされるディーノでした。
 ……ディーノさん、そういう時はロリババアではなくですね、「アダルト幼女」と呼ぶのが最近のマナーですよ。
 ちなみに、腐女子さんはボクっ子に興奮してます。

 

 制服を所望する神崎さん、「予備でお願いします」と伝えると再びのうるうる。犬だ。犬属性だこの子は。

 とりあえずサイズを確認する店長になぜか恥じらう神崎さん、「73……、56……、」いや違う違う違います。「S・M・L」ですから。ただでさえ、店長は通報されるリスクが高いんですからね。お願いしますよもう。
 ちなみに、腐女子さんはメモメモしてます。高速でペンを走らせます。

 


 スティーレに初出勤のひでりん。
 新キャラ「ボクっ子」に、お客さんの評判も上々です。そう、彼女にはアイドル属性もついてるのです。苺香と組んで「双子系アイドル」としても接客します。すっかり馴染んじゃってますね。

 しかし、店長はどこか浮かない様子。今回のディーノは初めからこんな感じですね。あんなに可愛い女の子のどこに不満があるというのでしょう。
 そこに、絹を裂くような悲鳴が!!

 男二人が駆け付けると、腰を抜かした美雨が。

 どうやらゴキブリとエンカウントしたようです。ま、飲食店にはつきものでしょう。Gは控室をはい回り、女性陣はもうパニック、ああっ、ひでりの足元へっ! 足元にGがっ、逃げろひでりんっ――

 

 

 ぱしっ。


 ひでりん、素手です。
 徒手空拳で捕まえます。からの~、ポイッ。窓から投げ捨てました。討伐完了です。
 一瞬の出来事にドン引くメンバー。え、ひでりん、実はこんな男らしいのか。

  周囲の引き気味な空気を読み取ったひでりん、少々やりすぎたと感じたのか、涙ぐんで「怖かった~っ!」ってその手で近寄るなっ。

 そんな時、ディーノの口から衝撃の事実が。


「男ですよ、その方」


 えっ…………。

 


 爆弾が投下されましたが、美雨さんは「ステキな人材」と評します。どんなメンタルしてるんだこの人。ゴキにはビビってたけど。

 ひでりの志望動機は、「可愛いアイドルになるため」とのこと。
 両親を説得するために、この喫茶店でファンを作っていくのだとか。じゃなきゃ、農家を継がなきゃいけなくなるのだとか。
「虫はいや、萌え豚がいい。ちやほやされたい」と唸るひでりん、キャラ変わってますよもう。


 むう、この肥大した承認欲求。全キャラ中最も問題を抱えていますよね。「すべての問題行動は承認欲求から生じる」ことを前提とすると、むしろこの「ボクっ子属性」すらも捻れの結果である可能性があります。元保育士の立場から、真面目に精神分析をするとこうなります。

 


 白昼堂々ナンパしてる店長。彼曰く「呼び込み」だそうですが、苺香に見られたら勘違いされるのでは。
 そんなやり取りを目撃していた神崎ひでりん、とりあえずその手はやめろ。美雨さん2号ですね。

 しかし、ひでりんは「ボクっ子」。
 男女どちらの志向も理解できる驚愕感性を活かして、恋路のアドバイスを受けることになります。ホント美雨さん2号ですね。というか作者さんがスゴイですよね。

 ひでりのアドバイスにより、苺香を褒めるディーノ。
 仕事中の苺香に「優しくて素敵ですね」と伝えます。しかし、「ドS出来ていませんでしたか」と自らの接客に不安にさせてしまう結果に。

 続いて、口ではなく、行動でのポイント稼ぎを狙います。具体的には、相手の手助けをするのです。秋月で実演してみせます。画にはなってるんだが……、雄×2なんだよなあ……。

 
 今日もキレッキレのドS接客な苺香ちゃん、「注文するのは良いですけど、唾を飛ばさないで下さいね」。順調に飛ばしてます。そこに颯爽と登場する店長。うん? 今は何も困ってないですが。

 ディーノ「あなた方に出す料理なんてありませんよっ(キラッ)」

「店長からのサプライズドS」ということで難を乗り切りましたとさ。


 最後は「貢ぐ」です。プレゼント作戦ですよ。
「先ほどの私とは、もう違います!」とか言ってますが、彼を見る秋月・ひでりご両名の視線ときたら、「カラ松を見るチビ太」みたいな目つきです。まったく期待されてませんね。

 張り切ったディーノさん、休憩に入った苺香へ「豪華すぎるまかない」を送り、あー逃げられました。
「逆にリストラされるのでは」と怯える苺香ちゃん。そんな彼女をもう見ていられず、「違うんです」とディーノ。そうだ、ちゃんと口にすべきだ。

ディーノ「ずっとここにいてください。私は苺香さんが、す、す。……すこぶる気に入ってるってことなんですよ!」

 店長のすっとんきょうな言葉に「私も、すこぶる気に入ってます」と笑顔で返す苺香。
 秋月&ひでりは「ずこーっ」って、なに時代のコケ方だ。

 トーヘンボク達の恋は、もうちょっと時間がかかりそうです。

 

Bパート。

 町でお買い物する美雨さん。紙袋の中身は原稿用紙です。
 偶然にもひでりとすれ違い、挨拶するも、スルーされてしまいます。スマホに夢中で気付かなかったようですね。現代っ子め。

 
 しかしまあ……、この2人のツーショットか。なんか危ない雰囲気しかしませんね。危険度としては「ハルヒ鶴屋さん」くらいに。
 とりあえずは「後から入った者同士」という括りでしょうか。


「普段はメガネ、仕事ではコンタクト」という美雨に「アイドル仕様」とうらやむひでりん。アイドルってそうなんだ。ヒダマルも保育士時代そうでしたよ。ヒダマルってアイドル属性だったのか。


 ひでりは服を探しているが、選べないのだそうです。自らの可愛さに合う服がないというか、服が自分に着られちゃうっていうか、そんな七面倒臭い理由で迷っているらしいのですが、美雨さんは手伝いを申し出ます。うわぁお姉ちゃんだわー。人が出来てるわー。

 

 とりあえず「ネタ的な可愛い」を提供する美雨さん。「とりあえずビール」的な感覚でしょう。
 続いて「ゴスロリ」に興奮する美雨。「手羽先は外せないよね」的な感覚でしょう。
 次は「セクシー路線」に行こうとするも、いや見えてる見えてる。ひでりんおしり見えちゃってます。いや男だからセーフか? 「合法ロリの飲酒」と同じくらいの際どさですね……(汗)
 ワガママ放題のひでりにいい加減イラっと来た美雨さん、ソフトに腹パン攻撃です。地味に効きそうです。


 お花を摘みに行きたそうなひでり。美雨が「トイレですか?」と問うと、声を低くして怒ります、アイドルはトイレとか言わんのだと。あ、また面倒臭くなったな美雨さん。再びのソフト腹パンです。
 ともかくトイレです。ためらいなく「女子」の方へダッシュするひでりん、驚異のゴム美雨さんに引き留められます。美雨さんは「不祥事引退は目指さないで下さい」って相撲界に対する進言みたいな忠告をして、彼を紳士ゾーンへ導きました。

  案の定、急いでトイレから出てくる男ども。超笑いを堪えている美雨さん。
 ……大人というのは、状況の楽しみ方を知っている人のことをいうのかもしれません。


 夕方になっても服が決まらなかったひでり。
「いっそのこと、サイズの合いそうな麻冬さんから譲ってもらってはどうか」という美雨の提案に、頑張って麻冬のビジュアルを思い浮かべます。自分にしか興味がないので、ヒトの服装なんか記憶しちゃいないのですね。


 ようやく麻冬さんのイメージを描き切るひでりでしたが、出てきたのは、

  スモック。
 幼稚園児。
 流石にそこまでロリじゃないっスよ。

 


 後日、スティーレにて、麻冬の服を着用します。しかし、彼女が持ってきたのはコスプレ衣装でした。外では着れませんね。でも似合ってる

  不服そうなひでりに、何事かを企む麻冬&美雨。取り出したるは、やっぱりスモック!! 定番のチューリップ型名札(名前はひらがな)!! コレに袖を通したが最後、「さあお絵描きしましょうねー」的な「さあお昼寝の時間ですよー」的ななんかそんな展開が待っているっ……!!

 ひでりで遊ぶお二人でしたとさ。

 

 

「いらっしゃいませ、お兄ちゃんっ」

 麻冬さん、本当に幼稚園児コスで接客を始めたのかと思いきや、メンバー全員が保育士喫茶スタイルです。男どもは小さくなっちゃってます。
 なんだなんだ、黒の組織でも関わって来たのか。第二、第三のコナン君なのか。

 
 そこで、目を覚ますひでり。

 ああ、夢、か……。
 夢、を見ていたということは、ひでりんのひでりんは今頃、ああーもう下ネタに走らざるを得ないキャラってどうなんだっ。

 


 新キャラの属性は「男の娘」でした。
 まさか……、まさかそこに手を出すとは思わなんだ……!
 まあ、可愛ければいいでしょ大丈夫(ゆるゆり2期OPより)。でも性格はDNA構造くらい捻じれてますよね。賛否が分かれそうなキャラですね。ヒダマルは結構好きかもです。
 苺香と夏帆(出てたっけ?)とはあまり絡みがなかったひでりんですが、また「親睦会」的な回があると面白くなりそうですね。

 とりあえず、今日はひでコプターの夢を見るであろうヒダマルでした。