『ゆるゆり』 第二話「私とあなたと生徒会♥」


「「「アッカリ~ン!」」」
「は~い! ゆるゆり、はっじまっるよ~!!」

 

 本作の主人公・赤座あかりのタイトルコールから始まる『ゆるゆり』ですが、実はこの際、カメラがピンボケしています。貴重な出番なのに、顔ボンヤリの背景クッキリです。
 前回の引きも存在感皆無でしたからね。不憫な主人公に幸あれ。そんなアニメです。

 

 前回からの続き。

 主人公・赤座あかりが、自らの存在感を示すための宣言をする直前、「歳納京子―!!」と叫んで乱入してきた女子生徒。彼女こそ、私立七森中学校副生徒会長・杉浦綾乃(14)です。

 彼女の悩みは、「歳納京子に学業で勝てない」こと。
 なんでも京子さん、いつもは勉強してないくせに、テストだけは毎回学年一位を取るのだとか。『らき☆すた』の泉こなたみたいなヤツですね。しかも毎回一位とは。一年生ズも驚いています。

 あ、ちなみに、杉浦綾乃の後ろから入ってきた「白髪眼鏡のおっとり京都弁(濃いな)」は池田千歳(14)、彼女も生徒会委員です。


『ごらく部』による、茶道部室の無断使用を咎めてくる綾乃。彼女の放った「無断使用は罰金バッキンガムよ!」とのダジャレに、結衣が人知れず噴き出します。ツボに入ったみたいです。

 猛る綾乃をなだめる千歳は、「ここは穏便に、勝負したらいいと思うねん~」と提案します。どの辺が穏便かはさておき、次のテストで綾乃が勝った暁には、部室を強制退去する流れになってしまいました。二話目にしてピンチなごらく部です。
 ちなみに、京子が買ったら2人はごらく部へ入部することに。


 ……おもむろに眼鏡を外す千歳。

 ~京子勝利バージョン~
京子「今日からあなたは私のものよ……」
綾乃「優しくして……」

 

 説明しようッ!
 池田千歳は「妄想モード」になる際、眼鏡を外して視界を遮り、心の目を研ぎ澄まし、精神を集中させるのだっ!!

 

 うん、鼻血垂れてます。
 池田千歳さん、何を隠そう「妄想で鼻血を流す子」なんです。なんて古典的な設定でしょう。

千歳「歳納さん、ぜったい勝ってな!」
綾乃「なんでそっちを応援するのよっ!?」
千歳「だって、綾乃ちゃんが勝ったとしても、うちにはメリットが……、はっ」


 ~綾乃勝利バージョン~
綾乃「でも、大丈夫よ。茶道部室だけが、あなたの居場所じゃないわ」
京子「えっ」
綾乃「居場所を失くした子猫ちゃんは、この私が拾ってあげる……」
京子「あ、綾乃様……」

 綾乃も応援する千歳、鼻血出すぎです。これを「腐女子豹変す」と言います。あ、鼻血ボタボタな千歳にあかりがティッシュを提供して、ちょっとほのぼのしました。

「とにかく、次のテスト、楽しみにしてなさいっ」と三文捨て台詞を残す杉浦綾乃ですが、実のところは、彼女たちを茶道部室から追い出すつもりなんてさらさらないのです。
 ツンデレだっ……!
 典型的なツンデレだっ……!!

 


 後日。
 歳納京子がプリントを提出していないことに気付いた生徒会副会長・杉浦綾乃。ちょっと嬉しそうなのは、歳納京子に会いに行く口実が出来たためです。
 えーと、ここらで改めて確認しておくと、このアニメのテーマは「ゆるい百合」です。
 相方の千歳も一緒に行くことに。一人じゃ恥ずかしいんですね。ツンツンしてるくせにヘタレなんですね。

 しかし、そうなると大量の書類の山を誰が整理するかという問題が出てきます。
 そこに現れたのは、新キャラ2人です。あかりのクラスメイトとして、あの痛い自己紹介の際にも登場してました。あの時は火花を散らしていましたが、どんな関係なのでしょうかっ?

 同じく生徒会委員であるこのコンビに書類整理を任せて、2年生は意気揚々と愛しのにっくき歳納京子の元へ出かけます。


 2人の名前は「古谷向日葵」と「大室櫻子」。順に「お嬢様言葉&元気」な雰囲気ですが、綾乃と千歳がいなくなった途端に臨戦態勢に入りました。ハブネークVSザングースの様相です。

向日葵「負けませんわよっ。次期生徒会副会長になるのは、この私ですわっ」
櫻子「私だって負けないもんっ。副会長はもちろん、会長になってなっちゃうんだから。というか向日葵には負けないから!」

 おお、流れるように対立関係を説明してくれました。なんて親切な台詞なんだ。ぜったい練習してたでしょ。
 これまでの情報を整理すると、「お嬢様言葉な才色兼備VS元気なバカ」ですね。なんでこの2人が勝負になるんだ。どんなゲームバランスだ。

 

 それにしても、2人が任された書類は大量です。とても捌き切れませんね。そうしましょう。

 ……という訳で、クラスメイトにお願いです。赤座あかりと吉川ちなつのご両名ですね。すんなり了承してくれた上に、更なる戦力を呼んでくれます。そう、歳納京子と船見結衣です。6人寄れば文殊×2ですね。

 ……あれ。

 

 一方その頃、歳納京子に会うため茶道部室を訪ねていた綾乃と千歳。鍵が開いておらず、教室へ行ってみることにします。

 

 生徒会室で書類とにらめっこな6人。京子は冷蔵庫を開けて、「あやの」と書かれたプリンを勝手に開けて食べてます。うん、犯罪です。良い子の皆さんも、悪い子の皆さんも、マネしちゃ駄目ですよ。ヒダマルとのお約束。


 一方その頃。
綾乃「歳納京子ー!」
(がらーん)
千歳「今日は帰ったんとちゃう?」
綾乃(ずーん……)
千歳「……お、屋上。屋上におるんとちゃう?」
綾乃「そうよっ、屋上よっ」


 生徒会室では、プリントを出し忘れていたことを京子が思い出します。ポッケをごそごそして向日葵に渡しました。
 ……綾乃は今なにしてたんだっけ。


綾乃「屋上にもいない、体育館にもいない、トイレにもいない……!」
千歳「図書室におるかも……」
綾乃「それよっ! 待ってなさい、歳納京子ー!」

 

Bパート。
 ついに作業が終わった生徒会室。ごらく部メンバーは部室に向かいます。
 仕事が早く終わったとはしゃぐ櫻子ですが、その拍子につまずいて倒れこみます。受け止めたのは宿敵・向日葵の胸。

向日葵「まったく、そそっかしいですわね……。気を付けなさい」
櫻子「あ……、ありがと……」

 重ね重ね確認しますと、このアニメのテーマは「ゆるい百合」です。『ゆるゆり』です。


 ガラッと扉が開いて、バネ仕掛けみたいに離れる向日葵と櫻子。返ってきた先輩の池田千歳に褒められます。6人がかりで片付けましたからね。仕事が早いのも当然ですが、問題は後から入ってきた杉浦綾乃。
 幽鬼みたいに落ち込んだ表情です。「心配はノンノンノートルダムよ……」とは言いますが、周囲にヒトダマ飛ばしといて心配無用とはいきません。

 さあ、ネタばらしです。
 自分がいない間、歳納京子が生徒会室にいたことを知って「入れ違いショック」。冷蔵庫に入れといたプリンも何故かなくなっており、「ダブルショック」
 不憫な恋する乙女・杉浦綾乃でした。

 

 後日、「書類整理を手伝ってくれたお礼」にと、手作りクッキーを持ってきてくれた古谷向日葵。櫻子は、その様子を横目で見て複雑なご様子です。
 ちなつやあかりに勧められるも、「いらないって言ってんだろ、ばーかばーか!」と語彙の少ない罵倒を残して逃げる櫻子さん、どうしちゃったんでしょうね。


 体操着そして、を忘れたことに気付いた向日葵。やれやれ今日は見学かと思いきや、櫻子が貸してくれるそうです。体操服の貸借だけでも律儀にギスギスしますねこのヒトたち。

 櫻子の体操着に袖を通した向日葵ですが、いかんせん胸が窮屈です。くっきりです。これでは男子の視線は釘付けでしょう(ほぼカットインしない上に話題に上らないので、共学であることを忘れそうになりますが。え、女子高だっけ?)。

 

向日葵「櫻子……、バストサイズが合いませんわ」

櫻子「イヤミかッ!!」

 

 炎をバックに突っ込む櫻子。全力です。しかし、向日葵としては胸が大きいことを気にしているのです。贅沢な悩みに思えますが、巨乳って絶対日常の邪魔ですよねアレ。
 なかよく喧嘩する2人の隣では、あかり&ちなつが胸に手を当てていましたとさ。うん、やっぱ贅沢な悩みだっ。

 

 今日も色々あった1日。
 櫻子と一緒に下校する向日葵は、クッキーを渡します。あかり&ちなつと食べていたのは感にまとめてあったのに、こちらはラッピングされてますね。ちゃんと彼女の分も、(特)別にとってあったのです。

 嬉しさを隠せず、背中を向ける櫻子。
 照れ隠しにからかって、ゲンコツを受ける櫻子。

 これぞ、『ゆるゆり』だ。

 


 さらに数日後。
 生徒会副会長・杉浦綾乃が風邪でお休みしています。いつも一緒の池田千歳も張り合いがない様子。
 しかし、歳納京子の「綾乃のお見舞い行こうぜ」の一言で、

京子「寒いの? じゃあ私が温めてあげる……」
綾乃「い、いいわよ……、あなたに、風邪がうつっちゃう……」
京子「それで綾乃が元気になるならいいの」
綾乃「京子……」

 一瞬にして妄想モードです。この子は今日も元気です。


 3人で綾乃ん家へ。
 千歳曰くこの子、勉強のし過ぎで体調崩したそうですよ。それも、歳納京子に勝つために。綾乃は風邪をひいてるものの、突っ込む元気はあるみたいで何よりです。

 彼女の為にお粥を作ってあげた結衣。うん、数少ないしっかり者ですからね、流石に頼りになりますね。
 お粥を食べてひと段落という所で、歳納京子が何気に優しく呟きます。

京子「綾乃、早く元気になって学校来てね」

 盛大に鼻血を噴き出しました。千歳が。
 ビビる結衣に「鼻血やから大丈夫っ」ってホントに大丈夫か。

綾乃「まあ、あなたに言われるまでもないんだから、早く治して学校に行くわ。でも……、今日はお見舞いありがと。一応、感謝しといてあげるんだから……」

 盛大に(略)。更に、眼鏡を外して本格的に妄想モード突入です。
 お二人さん、いちゃいちゃするのは結構ですが、千歳の身体を労わってあげて。


 そうこうしてる内に帰ることになり、外していた眼鏡を探す千歳。目を「3」の字にして「メガネ、メガネ」です。これ、最初にやったの誰なんでしょうね。のび太?

 眼鏡はしかし、京子が踏んづけて壊してしまいました。

千歳「あかん! メガネかけんと妄想が止まらへん!!」
結衣「それより鼻血止めろよ!」

 鼻血の出しすぎで倒れる千歳。やれ救急車だ、いや根本的に解決するにはまず眼鏡を調達するんだとゴタゴタした挙句、綾乃の熱は上がっちゃいましたとな。お見舞いってなんだっけ。

 

 

 初登場の「生徒会」メンバーに焦点を当てた回でしたね。実は「生徒会長」はまだ出て来てないので、後日のお楽しみです。

 次回、「ウチ来る!? …いくいくっ!」。
 ごらく部メンバーが、「あの人」の自宅へお邪魔しますよ。

 

ゆるゆり Blu-ray BOX (完全生産限定)