ぼっちニートがソロ花見に行ってみた話。【夜の部】


 みなさま、こんにちは。
 春が近づくと嬉しくなっちゃうヒダマルです。

 日に日に暖かくなっていく空気とか、相撲中継の弓取り式を見ていても暗くない窓とか、恥ずかしそうに綻んでいく蕾とか。

 春って、うん、嬉しい。

 

 

お花見に出かけてみた。

 と、いう訳で。

 お花見ですよ、お花見。
 桜を愛でないことにはね、日本の春は始まりませんから。


 今日の午後8時頃、ヒダマルは晩御飯の残りをタッパーに入れて、焼酎とデジカメを携えて、近くの公園にお出かけしました。

「よぉ~し、ブログのネタにしよっと♪ 桜を見て、写真撮って、ニートが低価格で楽しむお花見の模様をお届けしようっと☆」

 とばかりにね、意気揚々なスキップで向かったのですが、

 

 

 夜景って難しい。

 

 

 思えばヒダマル、夜の野外でデジカメを使った経験なんて皆無なんですよ。しかも機械音痴な傾向があるので、デジカメの操作方法を半分も理解できないというね。

 

 普段はヤフオク用の遊戯王カードだったりネタ用の「うまい棒」だったりと、近くの被写体しか撮っていないので、さっぱりでした。暗い暗い。ブレるブレる。

 いちおう、一枚だけ乗っけておきますが……

f:id:hidamaru:20180324215734j:plain

 なにこれ落下中?

 

 

場所探し。

 花見の季節限定の特設スペースも設置されていましたが、ヒダマルは人見知りなので、大勢の方が集まっているトコでの晩酌はちょっと遠慮したいです。

 しかし、このシーズンですから、あっちにもこっちにも人がいます。なるべく一人になれる場所で飲みたいので、そんな場所を探します。

 


 その結果、

「あれ? どんどん人気のない所に入って行くよ?」

「街灯も提灯もないよ? まっくらだよ?」

「すぐ後ろに神社があるよ? ちょっと怖いよ?」


「ていうかココ、桜の木がないよ?」


 って場所に落ち着きました。
 何しに来たんだっけ……

 

 

 


 まっくらな神社の近くで、もそもそとタッパーを開けるヒダマル。ちびちびと焼酎を飲むヒダマル。

 


 …………………………寒い。

 

 ホント、色んな意味で寒い。

 

 すごすごと家に帰るヒダマルでしたとさ。

 

 

 

日本人の成分。

 ちなみに、ヒダマルの住む地域はさほど治安が良いトコではないので、ヤンキーさんがいっぱいいるんですよ。公園でもこの時期、お酒を飲まれている訳ですよ。

 そこにね、身長160ちょっと且つモヤシっ子であるヒダマルがのこのこ歩いてるとね、タチの悪い人に絡まれる危険が無きにしも非ずなんですよね。夜ですし。

 そういった理由もあって、早めに帰宅した次第です。

 


 一応フォローしておくと、ヤンキー(っぽい)の方々を嫌っている訳ではありませんよ。若干、苦手なだけで。

 そもそも日本人は「オタク」「ヤンキー」「一般人」の三要素が交じり合って構成されていると思いますし。

 ヒダマルの成分で言えば、「オタク:7」「一般人:2」「ヤンキー:1」くらいの割合でしょうか。兄がヤンキー分多めな人なのもあって、意外にも十分の一くらいは、ヒダマルにもヤンキー成分が入っているのです。

 

 

まとめ。

 え~っと、ニートのニートによるニートのためのお花見記事は、また次回、改めてということで。
 福岡はしばらく晴れが続くそうなので、今度はお昼に行ってみます。昼なら写真も撮りやすいと思いますし。そもそも、満開にはちょっと早いし。


 以上、いつにもまして中身のない雑記を書くヒダマルでした。

 これから飲みなおすぜっ。