遊戯王カードで遊んでみる。その①【フィッシャーマンデッキ VS ブラマジデッキ】


 みなさま、こんにちは。
 シンクロ召喚をしたことのないヒダマルです。遊戯王って、しばらく見ないうちにやたら複雑になりましたよね。

 ルールブックを読むに、小学生には無理だと思うんですけど……。

 

 

 


 時に、ヒダマルは決闘者です。

 何て読むか分かります? 「けっとうしゃ」ではありませんよ。

 

 正解は、


「デュエリスト」

 

 です。


 もう一度言います。


「デュエリスト」なんです。


 誰がなんと言おうと、「決闘者」と書いて「デュエリスト」と読む、それが世紀末生まれジャンプっ子の宿命なのです。

 

 

せどりすと。

 前にも書いたように、ヒダマルはヤフオクで遊戯王カードを取り扱っております。主に出品側です。

 

www.hidamaruanime.com

 

 ブックオフやゲームショップにふらりと立ち寄っては、需要のあるカードが投げ売りされていないかチェックして、それをヤフオクへ流す訳ですね。要は転売、「せどり」と呼ばれる技術です。

※ちなみに、最も高値が付いたのは、三枚で2,100円でした。

 

 

余っちゃってまぁ。

 こういったお金の稼ぎ方への賛否は他の機会に譲るとして、遊戯王せどらーの悩みを紹介します。

 ずばり、


 売れないカードが余る。


 中古遊戯王カードが100枚セット400円で売られていたりするのですが、表と裏の二枚しか確認できないようにパッケージされているんですね。


 確認できるものが400円以上で売れると判断すれば購入するのですが、中身はというと、まぁ同じカードが出るわ出るわ(たまに掘り出し物もありますが)

 市場に大量に出回っているので、買い手がつかないのです。流れ流れて、ヒダマルの元へ辿り着くのです。


 余っちゃって仕方ねぇ。

 

 

決闘!!

 という訳で。

 今回は、そんな余り物カードをかき集めたデッキを組んで、決闘してみようかなと。
 メインで使うのは、こやつらです。

f:id:hidamaru:20180330010606j:plain

『伝説のフィッシャーマン』。
 彼ら、ヒダマルの部屋に計40枚くらいあるんですよね。原作では、梶木漁太の魂のカードとして取り上げられていましたっけ。

 関連カードもたっぷりあります。

 


 腐らせておくのももったいないので、水属性モンスターで固めた『フィッシャーマンデッキ』を作りました。さっそく決闘してみましょう。

 これが決闘フィールドです。 

f:id:hidamaru:20180330010503j:plain


 ライフポイント(LP)が各自8000あり、モンスターの攻撃や効果でこれを0にした方が勝利です。

 まずはヒダマルのターンから。
 最初の手札はこんな感じです。

f:id:hidamaru:20180330010250j:plain


 右端に、このデッキで最強のカード『伝説のフィッシャーマン三世』がいますね。遊戯王ではお馴染みのカード『死者蘇生』も。
 これは幸先良いぜ。

 

 では、罠カード『潜海奇襲』と、モンスターカード『黄泉へ渡る船』をセットしてターンエンドです。

f:id:hidamaru:20180330010352j:plain

 相手は、闇属性の『凶星の魔術師』を攻撃表示で召喚してきました。魔法使い族デッキでしょうか。

 攻撃を受けましたが、『黄泉へ渡る船』の効果このカードが戦闘で破壊され墓地へ贈られた場合に発動する。このカードを破壊したモンスターを破壊するによって相打ちとなります。

 

 

ピンチに陥る。

 まぁこんな感じでターン制バトルが続いていったのですが……、しばらくすると、フィールドはこのように変わりました。

f:id:hidamaru:20180330010033j:plain

 ピンチ。
 相手フィールドには、装備魔法で強化された『魔導戦士 ブレイカー』と、『ブラック・マジシャン・ガール』が召喚されています。しかも、この時点でLPは既に半分。一方、相手は満タンです。

 そしてヒダマルのフィールドは見事にガラ空き。次のヒダマルのターン、打開策がなければ、このまま負けてしまうでしょう。

 

 

 


 くっ……


 ここで、終わってしまうのか……!


 いやっ!


 ヒダマルは、フィッシャーマンデッキの力を信じる!!

 

 

 

 ヒダマルのターン!!


 ドロー!!

 

 

 ……このカードはッ!!

 今こそ、手札の『死者蘇生』を使う時です。

 

 

 

 

 

 


 魔法カード・『死者蘇生』発動!
 オレは墓地の『黄泉へ渡る船』を特殊召喚するぜ!

f:id:hidamaru:20180330005955j:plain

 

相手「フッ……。効果を使って自爆特攻でもするつもりか? お前のライフは残り4000。戦闘で更にライフを削れば、次のターンでお前は、」

 

 それはどうかな?

 オレは『黄泉へ渡る船』をリリースし、手札より、『氷帝メビウス』をアドバンス召喚ッ!

 現れろ、氷の帝王ッ!!

 f:id:hidamaru:20180330005902j:plain

 

「なにぃっ!? この土壇場で、上級モンスターカードをドローしたと言うのか……ッ!?」

 

 更に、『氷帝メビウス』の効果発動ッ!!
 このカードがアドバンス召喚に成功した時、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる! そのカードを破壊するッ!

 オレが選ぶカードは……!

 お前のフィールドのカード、2枚だッ!!


「ッ!? お、オレの伏せカード『魔法の筒』が……ッ!」


 攻撃無効化型の罠を張っていたようだが、残念だったな。
 そして、フィールド魔法伝説の都アトランティス発動! すべての水属性モンスターの攻撃力・守備力は、200ポイントアップする!

f:id:hidamaru:20180330013922j:plain

 行くぜッ!!

『氷帝メビウス』の攻撃ッ!


 アイス・ランスッ!!

 

 


 ……という熱いやりとりの結果、フィールドはこうなりました。

f:id:hidamaru:20180330005435j:plain


 たった1ターンでここまで挽回できるとは……。諦めない心って大切です。

 

 

 

黒き魔術師!!

 しばらくはヒダマルの攻勢が続いたものの、更なるモンスターが召喚できず、決め手に欠けた展開です。
 そんな時、

「魔法カード・『黒魔術のカーテン』発動!!」

f:id:hidamaru:20180330005330j:plain

 これはッ!!
 LPを半分払って、デッキから「あのモンスター」を特殊召喚するカード……ッ!!


「現れろッ! 黒き魔術師よ!!」


 カーテンの向こうから姿を見せたのは、

ブラック・マジシャン』!!

f:id:hidamaru:20180330005219j:plain


 来たか……。
ブラック・マジシャン・ガール』が召喚された時から感づいてはいたが、やはりお前は!!

「そう。オレはブラック・マジシャン使い!! 更にッ、この魔法カードを発動するッ!! 黒・魔・導』!!

f:id:hidamaru:20180330012226j:plain

「貴様のフィールドに存在する全ての魔法・罠カードは破壊されるッ!!」


 それはどうかな?

 罠カード・潜海奇襲発動ッ!

f:id:hidamaru:20180330005135j:plain

 自分フィールドの水属性モンスター1体を、エンドフェイズ時までゲームから除外して発動できる!
 このターン、自分フィールドの表側表示魔法・罠カードは破壊されないッ!!


「なんだとッ!?」


 オレの『伝説の都アトランティス』を破壊するつもりだったようだが、詰めが甘いぜ、ブラック・マジシャン使い!

 

「く……ッ!! しかし『氷帝メビウス』が除外されている今、貴様のフィールドはガラ空き! 直接攻撃は受けてもらうぞ! 行け、ブラック・マジシャン!!

「ブラック・マジック!!」


 ぐっ……、
 これで、オレのライフは残り1500……。しかし、向こうは1900。次のターンが勝負になりそうだぜ……

 

 

 ……次のターン、ヒダマルは『ギガ・ガガギゴ』をドロー・召喚し、見事勝利を収めましたとさ。

f:id:hidamaru:20180330005025j:plain

 

 

 

まとめ。

 なんか、思ってた以上の分量になっちゃいました。
 ついてこれなかった方は申し訳ない。

 急に一人称が変わったり、「それはどうかな?」が多用されたりして読み辛かったかもしれませんが、遊戯王の仕様です。これが遊戯王なのです。


 ていうか。
『伝説のフィッシャーマン』、まったく活躍してませんね。アイツは何をやってたんだ。

 次にやる時は、是非とも召喚してみたいもんです。

 

 

 

 


 ……え?

 

 リアルの友達が一人もいないヒダマルは、いったい誰と戦ってたのかって?

 


 それはね、

 

 聞かないのが優しさってもんですよ。