ヒダマルの小説に対する姿勢が間違っていたかもしれない話。【ナヤメル、ヒダマル。】


 ヒダマルは先日、kindleで小説を売り出しました。

 

 

 その結果「ヒダマルも小説家デビューだぜッ!! 一攫千金狙うぜひゅーひゅー!!」なんて、ちょっと浮かれてた……、とかゆーことは一切ありません。

 意外と現実主義ですからね。
 こう見えてクールなんですよ。


 で、今回は、その続きのお話……

 

 

読んでもらえない。

 いきなりぶっちゃけますが、


 売れないんです。

 


 ま、当たり前です。

 プロデュース能力のない無名の作家が、一発や二発で大当たりできる世界だなんて夢にも思ってません。流石にそこまで幼くないっす。


 問題はそこではなくて。

 覚悟していたはずの「売れない」という現実を、いざ前にすると……、「これでいいのか?」という気持ちが沸いてきまして。

 

 


 ヒダマルは、文章で人を楽しませるのが好きです。

 工夫を凝らした文章を作って、発信して、楽しんでいただく(かもしれない)ことが、好きです。
 自己満足な部分は多大にありますが、好きなもんは好きなのです。

 大好きなのです。

 

 

 で、小説。

 これもまた、「楽しんでいただこう!」という熱い想いを込めて世に出している訳ですが…………、売れないのです。

 読まれないのです。


「これって、意味あるの?」

  

f:id:hidamaru:20180518052255j:plain

 

 

 ブログを軸として、自分の他の活動を知ってもらい、興味を持ってもらい、別の仕事に繋げる。

 その観点自体は、何ら間違ったものではないと思います。

 そもそもが、ニート脱出のために始めたブログですしね。
 改めて宣言すると、ヒダマルの目標はオリンピックまでに」「保育士時代の手取り(12万弱)です。

 


 そのため、マネタイズの一環としてkindleで小説を世に発表したのです。しかし、ほとんど売れないのです。
 読まれないのです。

 楽しんでいただけないのです。


 大事なことなので、もういちど。


「これって、意味あるの?」

 

 

 

 

 ……この点に伴って、ハッキリさせときますが。

 

 小説を買っていただけないからといって、ヒダマルが読者様を恨むなんてことは一切ありません。

 

 当ったり前な話ですが、いちおう断言しときます。

 


 ヒダマルの作るコンテンツに、お金を払っていただけない?


 そりゃヒダマルの責任です。

 

 そこをね、読者様になすりつけるようなこたぁ一切合切あり得ませんから、ご安心ください。

 腐ってもヒダマルですから。

 

 

小説の楽しみ。

「しおらしくではない、辛辣に!!」の運営者さま、シィータソルト(id:shixi-tasolt)さんの記事を拝読しまして、いよいよザクっと来ました。

 

shixi-tasolt.hatenablog.jp

 

 同じくはてなブロガーの漆うしる(id:UrushiUshiru)さんを題材に、「ファン小説」なるものを発表されているのです。
 楽しんで執筆されているご様子が、ひしひしと伝わってきます。

 ええ、楽しいんです、小説を作るのって。


 楽しいはずなんです。

 

 

 

 

 もしかして。

 ヒダマルが今、やるべきことは。


 電子書籍で小説を売ることではなくって。


 ブログで、読者様に、楽しい小説を提供することなのではないのか?

 

 

 例えば、『負け犬の恩返し』とか。

 例えば、『負け犬の奇妙な冒険』とか。

 例えば、『負け犬は友達が少ない』(けはがない)とか。

 例えば、『ぼっち転生 ~異世界行っても負け犬だった~』とか。


 ……あの、負け犬(id:AKI1200)さん、盛大にイジってごめんなさい。大好きです。

 

 

で、どうするか。

『5つのショートホラー』は、kindleに慣れるための発信。

『ミルトとリーヴ』は、既に有料で発表してる。
 ってことは、続きを書くとしても、有料で発表するかも。

 


 ただ……、今後の小説は。


 このブログと同じで、

 

「読んでいただく」ことを、究極の目標にすべきではないか。

 

 

 ヒダマルは、編集さんを通した、責任と信頼のある小説出版から逃げ出した人間です。

 そんな奴の書いた小説で、お金をいただこうという考えは、甘いんじゃなかろうか?


 完全無料で発表して、より多くの読者様を楽しませること、そして自らも楽しく創作活動をしながら技術を磨くことこそ、ヒダマルが今、力を尽くすべき点ではないのか?


 そんなことを、考えました。

 という、お話でした。

 

 

まとめ。

 ブログで小説。
 発表するかもしれませんし、しないかもしれません。

 小説を投稿するにふさわしいプラットフォームは、はてなブログ以外にも存在するので、そちらでの活動も視野に入れています(ブログはブログで続けます、もちろん)


 あ、もしも「はてな内の誰か」を題材にする場合は、事前に許可は申請しますので(誰かっていうか、一人しかいませんが)

 それと、その場合は他のプラットフォームではなく、このブログで発表します(もしもとか言いつつ、やる気まんまんですね)


 あー、小説、書きたいなぁ。

 

 

ぺこり。

 あのう、それと……。

 最後の最後に、超・個人的な話題になりますが……。

 


 漆うしるさん、

 

 今まで様々な場所でニアミスしているにも関わらず、

 実は直接の接点はかなり少ないヒダマルが、

 いきなりIDコールしちゃって申し訳ありません。


 改めて、ヒダマルと申します。ぺこり。

 記事への言及だったらともかく、いやほら、IDコールしないとほら、ご本人のいない場所で噂話するみたいでなんか悪いかなって……