ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

きららアニメ

『はるかなレシーブ』 第十二話「だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ」

遠野成美のスマホから響く、「わくわくシークワーサー」。 ビーチバレー部マネージャー、大城あかりちゃんからの電話です。 『先ほど、試合の結果が、決まりました』 『勝ったのは……、』 アニメの到達点とブログの限界点。 最終回の感想。 作画とアングル。 …

『はるかなレシーブ』 第十一話「ここまで来たら真っ向勝負」

全国大会沖縄予選、決勝。 はるかなVSエクレアの戦いは、エクレア姉妹が1セット先取。2セット目も、3点差で優位に立ち続けます。 それでも怯まない、かなたの眼を見て、 (かなたを倒して、) (全国で成美を倒す) 紅愛は、燃えていました。 (今度こそ…

『はるかなレシーブ』 第十話「アタシが戦いたかったのは」

大空遥・比嘉かなた。 トーマス紅愛・トーマス恵美理。 予選大会優勝、本選出場をかけた戦いが始まります。 線画で力尽きました……。四人はキツイ。 エクレアの攻撃。 はるかなの反撃。 まとめ。 エクレアの攻撃。 遥が初めて見る、本気の紅愛に押され気味。 …

『はるかなレシーブ』 第九話「これが私の気持ちです」

あっという間に季節が過ぎ去り、新しい春。 大城あかりを除くビーチバレー部員は三年生に進級しました。 全国大会「ヴァルキューレカップ」、その沖縄予選が近づいてきます。 しかし、対戦表を手にしたあかりちゃんは、何故かため息を連発しており……。 まさ…

『はるかなレシーブ』 第八話「約束守ってみせるから」

エクレア姉妹の母親、トーマス・マリッサさん。 娘はもちろん、成美・かなたペアを指導していたコーチみたいです。つまり敏腕です。 その敏腕さんが、次のシーズンまで部のコーチを引き受けてくれるそうな。 「ありがとうございます。でも、シーズン終わった…

『はるかなレシーブ』 第七話「もう友達でしょ」その②

嵐のような新キャラ・大城あかりちゃんの忘れ物を届けに、一年の教室を訪ねた遥とかなた。 しかし、当人は不在みたいです。 彼女の居場所を知ってる人もいないそうですが、 「あの子、友達いないですから」 あいたたたたたた。 ぼっちな芸能人。 かなた対あ…

『はるかなレシーブ』 第七話「もう友達でしょ」その①

「みんなーーっ! 今日は私のライブに来てくれて、ありがとーーーーっ!」 観客席に囲まれた、円形のステージ。 数万人の視線を一手に引き付ける、妖精めいた衣装に身を包んだ女性、彼女こそは新キャラ・大城あかりちゃん。 そう、AKARI Fairy Summer LIVEで…

『はるかなレシーブ』 第六話「折れないよ、私は」

1セット先取したものの、2セット目は16対9。 「いくら打っても拾ってやる」 と強気な相手リベロ・舞の動きに、かなたのポーキーは通用しないのか……。 かなたのポーキー。 遥のブロック。 まとめ。 かなたのポーキー。 「ポーキーって、スパイクと違って…

『はるかなレシーブ』 第五話「アンタの心が折れるまで」

決戦の地、西原きらきらビーチ。 16チーム、計32名が出場する「沖縄ビーチバレージュニアトーナメント」にて、はるかなペアの初陣が始まろうとしていた。 くしくも最初の対戦相手は、水着を奪い合った仲の棚原愛衣・砂川舞ペアで……。 「その水着の恨み、…

『はるかなレシーブ』 第四話「私達にぴったりだと思わない?」

沖縄上陸・高校編入・自己紹介・ビーチバレー支部入部・大会出場が決まった激動の今日この頃。 常に明るい大空遥の悩み、エクレア姉妹の片方・トーマス紅愛に語ったそれは、 「どうしたらかなたちゃんと、もっとペアらしくなれますかっ!?」 でした。 前回…

『はるかなレシーブ』 第三話「昔の自分を取り戻したいって思ってる」

うるま高校への編入を終えた大空遥を待っていたのは、 「ようこそ! うるま高校バレー部・ビーチバレー支部へ!」 金髪ポニテな元気っ子でした。 比嘉かなたちゃんのお友達だそうです。 エクレア姉妹。 ビーチバレーの水着事情。 練習試合。 ポーキー解放。 …

『はるかなレシーブ』 第二話「私を信じて」

「5.32。凄い記録! どんどん伸びていくね」「よぉし、5秒切れるかもっ!」 沖縄の砂浜で、走り込むのは大空遥。 指導するのは、比嘉かなた。 「ねぇかなたちゃん。これってビーチバレーの練習なんだよね?」「そうだよ」「じゃあ、なんでボール使わないの…

『はるかなレシーブ』 第一話「エースなんて必要ないの」

母が海外へ単身赴任に行く間、沖縄の親類を頼ることになった主人公・大空遥。 久しぶりに会う親戚、比嘉かなたちゃんとの距離を感じたり、沖縄の海に感動したりしてるうち、ビーチバレーの練習をしている二人組に出会う……。 大空はるか。 比嘉かなた、遠井成…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その⑦【真・ローストビーフ編】

~前回までのあらすじ~ 念願のスキレットで、ローストビーフ作りに挑戦したヒダマル。 しかし、バルサミコ酢を使った愚かな行為により自業自得の返り討ちに会ってしまったのである。 手痛い失敗に見舞われたヒダマルだが、ここで終わる訳にはいかない。 彼…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その⑥【ローストビーフ編】

~前回までのあらすじ~ 何の意味があるのかイマイチよく分かんなかった「シーズニング」を終え、スキレットを使用可能にしたヒダマル。 早速チャーハンを作って楽しんだものの、重大な問題点を見過ごすことは出来なかった。 そのチャーハンには、お肉が入っ…

『こみっくがーるず』第五話に『わかばガール』の4人がゲスト出演ッ!?

『こみっくがーるず』水着回に、遊び心…………ッ!! 遊び心、 キタアァァァァァァァーーーーーーーーッ!!!! 『こみっくがーるず』 第五話「編沢さんコスプレするんですか?」 『わかばガール』とは? 再現度に、愛を感じる。 まとめ。 『こみっくがーるず…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その⑤【スキレット編】

~前回までのあらすじ~ 『ゆるキャン△』における陰の功労者「ランプ」を手に入れたヒダマル。 野クル部の長・大垣千明ちゃんの定めるところのお洒落キャンプに向けて、残すはスキレットのみ……。 ということで、ついに「買っちった」のである! しかし、スキ…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その④【ランプ編】

~前回までのあらすじ~ 室内でのお洒落キャンプを実現すべく活動する貧乏青年・ヒダマルは、試行錯誤の末に「木皿」と「ネイティブ柄の布」を手に入れた。 魅惑のお手軽おやつ・「スモア」の自作と創作にも成功し、彼の『へやキャン△』道は着実に前へ進んで…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その➂【スモア編】

~前回までのあらすじ~ お洒落キャンパーになりたい貧乏青年・ヒダマルは、第二の関門「ネイティブ柄の布」の自作を決行。 久々の絵具作業、分離しとる黄色、数多の試練を乗り越えた先に、素敵な発色のテーブルクロスが完成したのである! そして、ヒダマル…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その➁【ネイティブ柄の布編】

~前回までのあらすじ~ お洒落キャンパーになりたい貧乏青年・ヒダマルは、『へやキャン△』を実現するために一念発起。 アカシア素材の木皿にヤスリをかけ、熱々料理を食べられるように改造したのであった。 次なる目標は「ネイティブ柄の布」だが、ゆくゆ…

『ゆるキャン△』は無理なので、『へやキャン△』を目指してみる。その①【木皿編】

みなさま、こんにちは。『ゆるキャン△』を観てからというものキャンプがしたくて堪らないけどそのポテンシャルが皆無なヒダマルです。 まぁあれだよね、主にね、お金がない。 しかし……っ。 アニメの各話、そのラストにて、彼女たちは実演して見せてくれたで…

『スロウスタート』第十三話と、エイプリルフールの話。【懺悔の時間】

みなさま、こんにちは。 口を開けば嘘をつくヒダマルです。この一言も嘘なので、真実は藪の中。科捜研による解明を待ちましょう。 昨日はエイプリルフールでした。 年に一度、みんなで素敵な嘘をつき合って盛り上がろうぜとゆー日ですね。タチの悪いのを除き…

『スロウスタート』 第十三話「ひみつのコンビニ大会」(テレビ未放送)

それは、本編から少しだけ遡った、夏休み前のこと。 とある日曜日の朝、 「行くぞっ!!」 渾身の気合を込めて。 扉を開け、光の下へ歩み出たのは、万年大会さんでした。 重ね重ね説明しておくと、「万年大会」は人間の名前です。「はんねん・ひろえ」と読む…

『スロウスタート』 第十二話「スロウのスタート」

ヒグラシの鳴く夕暮れ時。 花名ちゃんの部屋に、志温さんが訪問しました。花名のお母さんから届け物だそうな。「もしかして新しいお洋服かなっ?」と期待する花名ちゃんですが、 志温「それが花名ちゃん宛てには、この封筒だけだったの」 封筒? だけ? 花名…

『ゆるキャン△』 第十二話「ふじさんとゆるキャンガール」

夜の朝霧高原を走る、一台のバイク。 前回のラストで、カセットコンロを買いに走ったリンちゃんのものでしょうか……? あれ? リン(遅くなっちゃった……) リンちゃんだ。 メットを脱いだ姿は、確かにシマリンだ。 けど。 バイクがゴツイ。 彼女、原付で出か…

『スロウスタート』 第十一話「トマトのまつり」

「ついに夏休みですよぉーーッ!?」 明日から夏休み。 という事で、赤ランドセル背負って給食袋を提げてアサガオの鉢植えを小脇に抱えてる女子高生は誰でしょう。 はい、たまちゃんしかいません。 栄依子「小学生か君は……」たまて「いやぁーっ、丁寧にツッ…

『ゆるキャン△』 第十一話「クリキャン!!」

静岡は朝霧キャンプ場に到着した、大垣千明と犬山あおい。受付に名前を描き込みます。 千明「大垣千明、犬山あおい、各務原なでしこ、鳥羽……、先生」あおい「それ、名前と違うで」 千「斉藤って、下の名前なんだっけ」あ「恵那やで」 千「シマリンって何て苗…

『まんがタイムきららキャラット 4月号』を衝動買いしたので分析してみる。その➁

みなさま、こんにちは。 好きなFFシリーズは断然6なヒダマルです。この作品が一番「熱い」と感じるのです。 出生に秘密を持った、強大な魔力を持ちながらも儚いヒロインとか。 ヒロインの窮状を救う、過去にトラウマを負った盗賊とか。 青春時代の夢を達成…

『スロウスタート』 第十話「サメのいとこ」

ひまりハイツの一室で、お人形遊び中の一ノ瀬花名ちゃん。 誕生日に貰ったやつですね。たまちゃんの分も預かっているんでしたっけ。 即興のくまさんコントを繰り広げていると、誰かがチャイムを押しました。玄関を開けると、 大会「花名ちゃん……っ」花名「ど…

『ゆるキャン△』 第十話「旅下手さんとキャンプ会議」

(やばいやばいっ、もう5時すぎてる……!) 前回のラストで、魅惑のソースかつ丼を食べた後に寝過ごしたリンちゃん。急いでキャンプ場へ向かいます。 辺りは既に真っ暗で、到着予定は18:30。 〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル …