ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新。

小説

動揺した話。 【TABICA】

みなさま、こんにちは。 こないだ、こんなツイートをしたヒダマルです。 お、おおおお、お問い合わせフォームからブログのお問い合わせフォームからしらないひとから連絡をいただいている。動揺している。見ず知らずの社会人とまともにコミュニケーションで…

ポエムな話。 【当たり前】

当たり前だ。

ゆりゆりゆりな話。 【百合小説の進捗】

みなさま、こんにちは。『コミック百合姫』と『百合の世界入門』を読みつつ、百合を勉強しているヒダマルです。 これまでほぼ接点ありませんでしたからね、百合。とりあえずは先行作品に触れて、手探りしなきゃなのです。 ……と言いつつ、そういえばファン小…

ラノベ理論な話。 【小説の命とは?】

みなさま、こんにちは。 小説を書き書きしているヒダマルです。 百合小説文芸コンテストの〆切りまで、気付けばあと25日ですからね。 ちょっとアクセル踏まないといけません。 そこで今日は、ヒダマル流の小説術を軽く紹介します。すっかり小説脳ですから…

百合の世界に入門した話。

みなさま、こんにちは。 百合小説のプロットを練っているヒダマルです。 以前お話した、pixivとコミック百合姫で募集している小説コンペ用の作品ですね。白身魚さんのイラストが素敵なやつ。 ヒダマルを含め四人の小説書きはてなブロガーが参戦を表明してま…

ゆりゆりな話。

みなさま、こんにちは。 積読アニメが30本を超えたあたりから、次々と諦めているヒダマルです。 消したのがSAO、とある、スライム、ゴブリンとね、人気作・話題作ばかりなのがまぁ、ヒダマルの人間性・オタクとしての性格を表してるなぁと感じておりま…

ファン小説な話。 その③【魔法少女うしるん ~ウルシオールの願い・後編~】

~前回までのあらすじ~ 漆うしる(ヘルメットおじさんver)の姿を騙り、巷で悪事を働く謎の存在。その正体は、魔法少女の心の闇から発生する魔法生物《ウルシオール》でした。 魔法具の研究に有用なため、成仏する前にひっ捕まえて日本魔法少女連盟に引き渡…

ファン小説な話。 その②【魔法少女うしるん ~ウルシオールの願い・前編~】

「みんなー☆ うしるだよー☆」 「今日は、ヒダマルさんがファン小説を書いてくれたのっ☆」 「ジャンルは『ハイテンション魔法少女バトルコメディ』だよっ☆」 「刮目して見てねっ☆」 「アンタ、朝っぱらから一人でナニやってんの……?」 虚空に向かって渾身のキ…

ハロウィンな話。

みなさま、こんにちは。 「お菓子をあげるからイタズラさせて?」 って、冗談で言いあえるお相手がいる人生って幸せだな、とかおもうヒダマルです。 いちおういっときますが、冗談オンリーですよ。セクハラもダメですよ。 とりあえず、ヒダマル的ハロウィン…

ファン小説な話。 その①【負け犬の奇妙な冒険 第五部・黄金の風】

「トリッシュを連れ帰ったのはたった今! 俺が「人生」に「落ちこぼれた」からだッ!」 街の名は「ヴェネチア」。 その一画、たったひとつの教会のみを有する「サン・ジョルジョ・マジョーレ島」に、エンジン付きのボートが停められていた。 ボートの船尾に…

ヒダマルの小説に対する姿勢が間違っていたかもしれない話。【ナヤメル、ヒダマル。】

ヒダマルは先日、kindleで小説を売り出しました。 その結果「ヒダマルも小説家デビューだぜッ!! 一攫千金狙うぜひゅーひゅー!!」なんて、ちょっと浮かれてた……、とかゆーことは一切ありません。 意外と現実主義ですからね。 こう見えてクールなんですよ…

自作ラノベがNow on saleな話。【黒歴史】

みなさま、こんにちは。 小・中時代の一人称は「オイラ」だったヒダマルです。 ガチです。 ガチ話です。 ヒダマルは自分のこと「オイラ」って呼んでました。 ええ、黒歴史とゆーヤツですわ。 恥ずかしい話~! 略して、ハズバナ! Now on sale お値段発表。 …

【重大発表アリ】 ホラー小説を発表してみる。その②【インタビュー】

いるな、とは感じていたんです。 昨晩の事です。 その日、ヒダマルは寝つきが悪く、夢と現実の境目を行き交うような感覚で眠っていました。 その所為もあってか、感じ取ることが出来たのです。 ……ええ、いるな、とは。 右手首には、妙な違和感がありました。…

ホラー小説を発表してみる。その①『ぬっへへふっふ』

みなさま、こんにちは。 リビングにまだ炬燵が出ているヒダマルです。 夜とか意外と寒かったりしません? 天気のいい日に干して片付けようと思っても「昨日使ったしなぁ……」って思うとタイミングが分からない。 みなさんいつ頃しまってるんだろう……? 小説の…