ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

2018年夏アニメ

2018年夏アニメを総括ッ!! 【17本+4本の感想・分析】

みなさま、こんにちは。 達成感に満ち満ちているヒダマルです。 毎度おなじみ、今期アニメの総決算記事ですよ。計13000字以上、気合でキーボードを叩き続けましたとも、ええ。 全部読む方はそうそういないと思うので、気になるトコだけのつまみ食いをお…

『はたらく細胞』 第十三話「出血性ショック(後編)」その②

多量の出血による影響で、体温が下がってきた体内世界。 赤血球さんの行く手には、猛吹雪が立ちふさがります。 「でも……、行かなきゃ……。私たちだけでも酸素を運ばないと……、細胞さんたちが死んじゃう……!」 「がんばって、後輩ちゃん……!」 それでも歩みを…

『はたらく細胞』 第十三話「出血性ショック(後編)」その①

突如起こった大災害。 頭部付近の損傷・出血が激しく、体内世界は未曾有の危機に瀕しています。 「おーい! 誰かいないのか!」 普段なら大勢の血球がいるはずが、廃墟と化した細胞組織には、白血球さんの声が響くばかりです。 何百万もの血球が出血と共に失…

『はたらく細胞』 第十二話「出血性ショック(前編)」その②

教育係が大変だったりしたけれど、私は元気だった今日この頃。 轟音と。 巨大な閃光を伴って、細胞組織が破壊されました。 すり傷、ステロイド、がん細胞と色々あった体内ですが、比較にならないほどの大災害が起きたのです。 類を見ない緊急事態に、細胞た…

『はたらく細胞』 第十二話「出血性ショック(前編)」その①

肺胞に赴き、二酸化炭素と酸素を交換し、 「よ~し。次はこの酸素を、肝臓の皆さんへ届けて、と……」 今日もはたらく、赤血球さん。 遠藤綾ボイスな先輩赤血球さんにも認められ、なんと新人さんの教育係を命じられました。 半人前みたいな実力で。 「先輩」っ…

『はるかなレシーブ』 第十二話「だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ」

遠野成美のスマホから響く、「わくわくシークワーサー」。 ビーチバレー部マネージャー、大城あかりちゃんからの電話です。 『先ほど、試合の結果が、決まりました』 『勝ったのは……、』 アニメの到達点とブログの限界点。 最終回の感想。 作画とアングル。 …

すのはら荘の管理人さん 第十二話『こたつ 年末 サンタさん』その②

ナイト・ビフォア・クリスマス。 すのはら荘メンバーにJK三銃士&酒屋の八穂さんを加え、夢みたいな空間が広がってます。 なんて素敵なクリスマスでしょう。 しかし、柚子会長はあっくんのことが気になる様子。 サンタさんの実在を信じる彼の夢を壊したくな…

すのはら荘の管理人さん 第十二話『こたつ 年末 サンタさん』その①

コタツを出して、季節は冬。 あっくん、管理人さんと一緒に入って、ミカンを食べさせてもらいます。 もちろん「あーん」です。 (ヒナになった気分……) 味わわせろ、その気分。 これぞ、すのはら荘。 察した柚子会長。 決戦はクリスマス。 まとめ。 これぞ、…

『はるかなレシーブ』 第十一話「ここまで来たら真っ向勝負」

全国大会沖縄予選、決勝。 はるかなVSエクレアの戦いは、エクレア姉妹が1セット先取。2セット目も、3点差で優位に立ち続けます。 それでも怯まない、かなたの眼を見て、 (かなたを倒して、) (全国で成美を倒す) 紅愛は、燃えていました。 (今度こそ…

すのはら荘の管理人さん 第十一話『襲来 べた甘 おもてなし』

ぺこり、と。 「亜樹ちゃんの姉の、椎名茉莉と申します」 すのはらメンバーへ頭を下げたのは、ゴシックな女の子でした。 あっくんのお姉ちゃんだそうですが、最終回前にしていよいよ出てきましたね。OPでこそこそしてるトコしか見られないかと思った。 とこ…

『はたらく細胞』 第十一話「熱中症」その②

「このクソ暑い中、頑張りすぎちまったみたいだな~。ダメだよぉ? 気を付けなきゃ~」 熱中症により、体温上昇が抑えられない体内。 暑さに倒れた白血球さんに、セレウス菌が嫌味な言葉を投げつけます。 「おぉ? でも偉いなぁ、ちゃんと帽子は被ってるじゃ…

『はたらく細胞』 第十一話「熱中症」その①

うだるような暑さの中、表皮近くの毛細血管を歩く赤血球たち。 上がりすぎた体温を下げるために、「放熱」しようとしているらしいです。そんな体温調節方法もあるんですね。 すなわち「熱い時の方が血が出やすい」ってことでもあるんでしょうか? それにして…

『はるかなレシーブ』 第十話「アタシが戦いたかったのは」

大空遥・比嘉かなた。 トーマス紅愛・トーマス恵美理。 予選大会優勝、本選出場をかけた戦いが始まります。 線画で力尽きました……。四人はキツイ。 エクレアの攻撃。 はるかなの反撃。 まとめ。 エクレアの攻撃。 遥が初めて見る、本気の紅愛に押され気味。 …

『はたらく細胞』 第十話「黄色ブドウ球菌」その②

ブドウの房のように合体し、強大な力を得た黄色ブドウ球菌。 腕の一振り、尾の一薙ぎで、好中球部隊を圧倒します。 「ほ~ら言ったでしょう? 一味違うって」「一味違う? じゃあ食ってやろうじゃねぇかっ!」「ぶっ殺す!」 戦意を滾らせ、巨体に立ち向かう…

『はたらく細胞』 第十話「黄色ブドウ球菌」その①

第八話「血液循環」を通して、すっかり一人前になった赤血球さん。 今日も一人で循環をこなしますが、 「助けてぇーーっ!!」 不幸体質は相も変わらず、細菌に追われております。 謎の細胞。 単球。 鼻腔温泉。 黄色ブドウ球菌。 まとめ。 謎の細胞。 放送…

すのはら荘の管理人さん 第十話『仮装 ぺんぎん 姉ごっこ』その③

春原荘の共同リビングで、月見里菫さんに写真を見せてもらうあっくん。 「これが、会長が小学生の時の写真」「今も昔も小さいですね」 言うねぇ。 「二人とも仲良くなったわよねぇ。菫ちゃん、そうしてると、椎名君のお姉さんっぽく見えるわよ?」「そうかし…

すのはら荘の管理人さん 第十話『仮装 ぺんぎん 姉ごっこ』その②

「あっくん。ペンギンさんは好きですか?」「ペンギン? もちろん、大好きで……、」 管理人さんに問われ、答えようとした刹那。 あっくんの脳内で、「漢」が発動しました。 「いや、まぁ、ふつう……? そんなに、好きっていうほどじゃ……」 「ペンギンが大好き…

すのはら荘の管理人さん 第十話『仮装 ぺんぎん 姉ごっこ』その①

時は十月、すなわちハロウィン。 賑々しい街並みをあっくんが歩いていると、 「少年だー!」「丁度いいところに……」 JK三銃士とエンカウントしました。 流れるように確保・連行されました。 このまちに、おまわりさんは、いないのか。 じぇーけーとカラオケ…

『はるかなレシーブ』 第九話「これが私の気持ちです」

あっという間に季節が過ぎ去り、新しい春。 大城あかりを除くビーチバレー部員は三年生に進級しました。 全国大会「ヴァルキューレカップ」、その沖縄予選が近づいてきます。 しかし、対戦表を手にしたあかりちゃんは、何故かため息を連発しており……。 まさ…

『はたらく細胞』 第九話「胸腺細胞」その②

キラーT細胞になるための試練が続く、未熟な胸腺細胞たち。 そんな折、鬼教官・胸腺上皮細胞さん(小山力也ボイス)による抜き打ち試験が始まりました。 現・キラーT細胞さんと、現・ヘルパーT細胞さんは、如何にして今の関係になったのでしょうか……。 正の…

『はたらく細胞』 第九話「胸腺細胞」その①

ナイーブT細胞たちをビシバシ鍛え、ウィルス感染へ備えるキラーT細胞細胞さん。 今日も今日とて小野大輔さんです。 あ、中の人のことです。 「次は地獄の筋トレと、実践訓練だ! クズ共ぉ!」 お茶を片手に、脳筋なキラーT細胞を小馬鹿にしてるのは免疫の司…

『すのはら荘の管理人さん』 第九話「やきいも 看病 看板むすめ」その②

管理人さんが風邪を引いた! 今日は平日、生徒会は休めない! 熱で倒れた彩花さんの看病は、ひとり残ったあっくんに託された! さぁ、漢を魅せろっ!! 悪夢のあっくん。 お粥と彩花さん。 汗と彩花さん。 復活の彩花さん。 まとめ。 悪夢のあっくん。 焼き…

『すのはら荘の管理人さん』 第九話「やきいも 看病 看板むすめ」その①

とある朝。 会長と並んで歯磨き、ぐちゅぐちゅぺーしているあっくんに、管理人さんが「そろそろ行きますよー」と声をかけました。 振り返ると、 メイドです。 メイドさんがいます。 どこへ行くんだそのカッコで。 看板むすめ・あっくん。 修学旅行。 やきい…

『はるかなレシーブ』 第八話「約束守ってみせるから」

エクレア姉妹の母親、トーマス・マリッサさん。 娘はもちろん、成美・かなたペアを指導していたコーチみたいです。つまり敏腕です。 その敏腕さんが、次のシーズンまで部のコーチを引き受けてくれるそうな。 「ありがとうございます。でも、シーズン終わった…

『はたらく細胞』 第八話「血液循環」その③

循環の間、赤血球さんを見守り続けた白血球さん。 「迷わないで循環できたーっ!」 彼女の笑顔を眺めているところに、キラーT細胞さんが現れます。 赤血球さん・仕事観に関して意見を交わすのですが……、 衝撃的な展開だったので、一部始終を起こしてみましょ…

『はたらく細胞』 第八話「血液循環」その②

『血球のみなさん、まもなく心臓です……。お気をつけてお進みください……』 誰の力も借りずに循環し、一人前の赤血球になろうと奮闘を続ける赤血球さん。 彼女が到着したのは、血液循環の花形・心臓でした。 『白線の内側に並んでお待ちください』と、なんか駅…

『はたらく細胞』 第八話「血液循環」その①

新人研修を受ける赤血球たちを見て、我が身を振り返る赤血球さん。 阿呆だとか方向音痴だとか、ロクな肩書はありません。 (いつまでも半人前じゃ、足手まといになってしまう……! もう誰かに頼っている場合じゃないっ!) (二酸化炭素を肺に届け、酸素を受…

『すのはら荘の管理人さん』 第八話「みみかき 迷子 打ち上げ花火」その②

花火大会へ繰り出した、すのはら荘メンバー。 生徒会・それ以外に分かれて楽しむことにしました。 奈々さん 手 あっくん 手 彩花さん です。 「去年は私たちもそんな感じだったわよね~」「ま、いい経験になるんじゃないかしら」 哀れあっくん、人身御供。 …

カレーにマヨな話。 【『邪神ちゃんドロップキック』】

みなさま、こんにちは。 最近、実生活でも自分のこと「ヒダマル」って言いそうになるヒダマルです。 一日数十文字しか喋らない日も珍しくない生活ですからね。そのうちポロッと出ちゃうかも。 今日のネタは、絶賛ドロップキック中の2018年夏アニメ『邪神…

『すのはら荘の管理人さん』 第八話「みみかき 迷子 打ち上げ花火」その①

「お姉ちゃん……。久しぶりにアレしてほしいんだけど……」 どこか恥ずかしそうに口にしたのは、春原奈々さん。 快諾した彩花さんと共に、管理人室へ消えていきました。 (アレ、って……?) 大人の色香を感じた中学一年生・あっくんが耳を澄ますと、奈々さんの…