ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『ゆるゆり』 第四話「夏の大収穫祭」


「「「アッカリ~ン!」」」
「は~い!」

 元気に出てきたものの、疑心暗鬼なあかり。キョロキョロと辺りを確認します。きちんとタイトルコールできたのは二話目だけですもんね。
 しかし今日はUFOナシ、カメラさんのピントもOKです。

「ではっ! ゆるゆり、はっ


 尺が足りずに尻切れトンボでしたね。
 頑張れあかり。負けるなあかり。次回こそは主人公としての役目を果たすのだ……ッ!!

 

 

 さて、本編本編。
 今日はいよいよ決戦の日。歳納京子VS杉浦綾乃のテスト対決です。えぇと、確か綾乃が勝ったらごらく部の危機で、京子が勝ったら、

綾乃「ま、負けちゃった……」
京子「でもね、綾乃。私、あなたと争いたくないの……」
綾乃「と、歳納京子……」
京子「ね。これからは仲良くしましょ……?」

千歳「ってなるかもしれへんやん?」

 あ、コレは千歳の妄想でした。
 とにかく、綾乃にとっては負けられない戦いなのですよ。「ファイトファイト、ファイファイビーチ」なのですよ。

 

 一方その頃、揃って登校中のごらく部メンバーは、駅前にて七夕飾りを発見します。
 歳納京子はなんだか眠そうですが、結衣曰く「この時期はなぁ……」とどうも訳ありげな様子。テスト前だからきちんと勉強してたのでしょうか? うん、そんな訳ねぇ。

 あ、短冊の中に、生徒会メンバーの願い事も下がってました。
 どれどれ……

綾乃  ~もう少し仲良くなれますように~
千歳  ~豊作祈願~
向日葵 ~副会長になれますように~
櫻子  ~福会長になれますように~


 十人十色な願い事ですね。
 綾乃は誰と仲良くなりたいんでしょうね。あと、櫻子さん、「福」じゃなくって「副」ですからね。地域住民に恥を晒すのは控えましょうね。


 あかり達も願いごとを書く流れになりますが、京子は「ちなつちゃんとチューしたい」って書くつもりみたいです。そんなに好きだったのか……。ライクじゃなくてラブだったのか……。

 しかし。

ちなつの願い ~ゆい先ぱいと♥キス♥してみたい~


 当のちなつちゃんに先を越されてしまいました。俄かにイチャイチャするちなつと結衣を見てクールダウン。

京子の願い ~すっっっっっごい寝るzzzz~

 とか書いちゃいました。拗ねてます。
 結衣はというと、ちなつの「何かを期待する瞳」の圧力に負け、おおっ、おでこにチューしてあげましたっ。

京子「きゃーーーーーッ!」
結衣「ごふ!? な、なんで!?」
京子「自分の胸に聞けえ!!」

 そして京子にシバかれました。


 そういえば、あかりは何て書いたのでしょう?
 恥ずかしがる彼女を制して覗き見ると、

あかりの願い ~もっと目立ちますように~

京子&結衣((切実だ……))


 あかりが「せめて短冊くらいは目立つところに」と腕を伸ばしたその時。一陣の風が吹き、彼女の手から、切実な願いを奪い去って行ったのでした。
 頑張れあかり。
 負けるなあかり……ッ。

 

 

 放課後。
 ごらく部にてテスト勉強をする面々ですが、歳納京子は爆睡です。連日の夜更かしの影響だそうですが、夜な夜な何をやってるんでしょうか? 今回も一夜漬けで乗り切るつもりか?

 敵の杉浦綾乃はやる気満々マンですが、大丈夫か?

 

 そして、怒涛のテスト期間が過ぎて行き……
 成績優秀者上位の名前が張り出されます。


一位 杉浦綾乃  492点


 勝った……!
 生徒会副会長・杉浦綾乃は、見事勝利を収めたのです!!

 喜びを分かち合う綾乃と千歳。
 しかし、肝心の歳納京子の名前は十位内にありません。どうしたことかと京子を問い詰めると、彼女の手には「0点」「0点」「21点」の答案用紙がっ。

京子「テスト期間と同人誌の締め切りが被っちゃって、勉強ぜんぜん出来なかったし、テスト中も爆睡だったし

 耳を疑う綾乃。空いた口がふさがりません。

綾乃「あ、あんた、私との勝負はー!?」
京子「あ、そういえばさー。綾乃がもっと仲良くなりたい子って、だれ? 駅前の短冊見たんだけど」
綾乃「……ッ!!」

 見事に撃退された綾乃さんでしたとさ。
 斯くして、ごらく部の平和は守られたのであった……

 

 


 海ですッ。

 生徒会で海に遊びに行くところ、綾乃がごらく部も誘ってくれたのだとか。まあ、話を付けたのは千歳ですが、

千歳(これは、ウチにとって嬉しいイヴェント……ッ! 綾乃ちゃんと歳納さんが揃えば、ウチの鼻血は出血大サーヴィスや~!

 綾乃に劣らず喜んでるっぽいので無問題です。


 水着に着替えに行くお二人さんを見て、さっそく妄想のチャンスッ。

 ~妄想その1~
京子「ほら、脱がせてあげる……」
綾乃「ダメ、優しくして……」

 うん、千歳は今日も元気です。ところで、鼻血を流す彼女にティッシュを渡してくれたのは誰さんでしょうね?


 綾乃さん、服の下に水着を着こんでいたみたいです。

綾乃「着替えも恥ずかしくないし、安心アンコールワットね!!
結衣「ブフッ。安心……、アンコールワット……」

 綾乃の地名ダジャレに噴き出す結衣にゃん。笑いのセンスが似てますね。他に接点ないのに。

 綾乃と同じく下に水着を着ていた京子。「帰りのパンツ忘れたとかおマヌケなことしてないでしょうね?」とかの会話を耳に入れつつ、

 ~妄想その2~
京子「今日は何色かな~?」
綾乃「履いて……、ないの……」

 うん、千歳は今日も絶好調です。

 


 海で遊ぶ8人。……8人?

 結衣と綾乃の視線は、意外と侮れない結衣にゃんの胸部へ注がれます。
 一方、最大の破壊力を持つ古谷向日葵には、あかりが感動してます。櫻子は嫉妬の焔を原動力にヒトデを投擲してますが。


 遊びも一段落し、みんなでスイカを食べる8人。……8人?

 ~妄想その3~
京子「間接と直接、どっちがいい……?」
綾乃「りょ、両方……」

 うん、千歳は今日もフルスイングです。ところで、先ほどから鼻血を流す度にフォローを入れてくれる謎の手の正体は誰でしょうね?

 

 

綾乃(ブラ忘れたーッ!?)

 お着換え中、衝撃の事実に気付く綾乃。

綾乃(……ってパンツもかーッ!!)

 大ピンチです。こういうのを「泣きっ面に蜂」と言います。
 しかし、「浴衣だからセーフ」と自分を納得させる綾乃です。強い子だ。ヘタレだけど。

 

 〆の花火を楽しむ面々。

 手持ち花火の明かりを使って、京子は「♥」、綾乃は「★」を描いて遊びます。
 打ち上げ式花火への点火を怖がる綾乃を見て、

 ~妄想その4~
綾乃「む、無理よ……。怖い……」
京子「大丈夫。私が付いてるから……」

 うん、千歳は今日も全力で生きてます。
 さらに、

 ~妄想その5~
京子「綾乃、もう一回行くよ……?」
綾乃「もう、強引なんだから……」

 うん、千歳は今日も血気盛んです。それにしても流血が酷くなってますね。さっきから、ちなつと結衣がビビってますよ。

 

 

 花火を片付け、楽しい一日も終わりを迎えます。
 夜の砂浜で二人きりになった時、綾乃は千歳に、改めてお礼を伝えます。いつも頼ってばかりな親友へ「今日は楽しかった。千歳のおかげよ」と。
 親友の素直な言葉に、自らも笑顔で応える千歳。
 綾乃さん、短冊のご利益があったみたいですね。


 そこに、バケツの水を捨ててきた京子が乱入。足を躓かせ、綾乃を押し倒してしまいました。
 謝る京子ですが、綾乃のはだけた浴衣姿を見て、

京子「あれ? 綾乃……、下着は?


 千歳の興奮と鼻血がMAXにッ!!

 千歳さん、短冊のご利益があったみたいですね……

 

 次回、「あかりとかミンミンゼミとかなく頃に」。
 おお、サブタイトルに名前が入ってきましたよあかり。次回こそは主人公らしい活躍を魅せるかあかり。