ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『三ツ星カラーズ』 第一話「カラーズ」


「大変、みんな!」


「うんこかっ!?」

 


「えっ……。なんで、うんちなの? さっちゃん……」

 

 


「電撃コミック大王」連載中の、作者「カツヲ」さんによる漫画が原作。キャッチコピーは「上野の街の平和を守る、我らカラーズ参上!」。

 元気の溢れる小学生・結衣、琴葉、さっちゃんの3人は、平和な上野の平和を守るヒーロー・「カラーズ」として日夜活動しているのです。
 ……夕方までなので、「日夜」ではないか。

 


 リーダーの「結衣」は、気の弱そうな女の子。
 髪を片側にひっつめたお下げで、担当カラーは赤です。特徴的な髪留めも相まって、なんだか「さくらんぼ」みたいなイメージ。

f:id:hidamaru:20180307085248j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒ2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 


 元気いっぱいな「さっちゃん」は、元気いっぱいな女の子。
 長所は「元気いっぱいな所」で、短所も「元気いっぱいな所」、とにかく元気いっぱいです。担当カラーは黄色。
 さほど長くない髪を二つ結びにした髪形は、なんだか「パイナップル」みたいなイメージですね。

f:id:hidamaru:20180307085308j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒ2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 

 

 ゲーマーの「琴葉」は、クールな印象の女の子。
 肌身離さず持ち歩くのは3DS、常にながらゲームです。1日10時間くらいは費やしてそうですね。カラーズきっての髪の長さを誇り、頭にはいつも帽子を乗っけてます。イメージカラーは青。
 えっと、青い果物……、「ぶどう」?(ムリヤリ)

 f:id:hidamaru:20180307085320j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒ2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 

 


 そんな感じで。
 琴葉(ゲーム中)、さっちゃん(昼寝中)の待機するアジトに「大変な事」を報告に走ったリーダー・結衣ですが、その報いが「うんこかっ!?」だった訳です。発言者はさっちゃん。


 うんこはともかく、「パンダ、ううん、猫! パンダみたいな猫がいたの!」と仲間に伝える結衣。
 興奮気味な結衣に対して、さっちゃんは先程アジトで見つけた「変なメガネ」を装備、琴葉はゲームに夢中です。

 事の重大さを訴えるために「パンダみたいな猫の絵」を描く結衣ですが、

さっちゃん「バ、バケモノだっ……! 完全にコレ……!」

f:id:hidamaru:20180307085615j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒ2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 

 ふう、ようやく伝わった。
 ……結衣ちゃん、図工の時間は苦労してるんだろうなぁ。

 

 

 やっとゲームの手を止めたもう1人は、

琴葉「殺すの?」

 にっこり笑顔。
 怖ぇよこの子。なんだその思想。「でも、こんなバケモノぶっ殺すべき」って斎藤一か。「悪・即・斬」なのか。


 流石に殺すのはナシで、捕獲することに決定。

化け猫捕獲大作戦」が始まります。

 

 

 


 手始めに、上野の「動物駅前交番」にて、警官の「斉藤」に情報提供を要請します。若い警官ですが、見るからに鬱陶しそうにしてますね。

f:id:hidamaru:20180307085853j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒ2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 子ども好きのヒダマルからすれば、「小学生女児と親し気に話せる機会」をフイにするなんて罰当たりな行為です。や、変な意味じゃないですよ。
 普通に羨ましいってだけで。
 や、だから変な意味じゃなくて。


 不承不承な斉藤から、「パンダに似た猫」の情報を聞き出します。
 なんでも「この猫に物を取られた」という被害が報告されており、コイツを捕まえれば上野の平和に一役買えるのだとか。

 がぜん燃えてきたカラーズ。
 斉藤に「ご苦労」と言い残し、上野の街を捜索です。その間にも、ゲームの手を休めない琴葉です。タマゴの厳選でもしてるんでしょうか。

 

 


 あっちこっち探しますが、相手は野良猫一匹。そう簡単には見つかりません。
 さっちゃんは「猫の目線に近づくために伏せて移動する」というアイデアを実行するも、


 げしっ。


さっちゃん「いええぇっ? 琴ちゃん、琴ちゃん(頭)踏んでるよっ!」
琴葉「知ってる」

「一度してみたかったの。これ」


 怖ぇよ琴葉ちゃん。
 歪みすぎだよ琴葉ちゃんっ。

 

 

 そんな時、結衣が「変なメガネ」を発見します。
 アジトに落ちてたやつですね。その売り場を見つけたのです。

 店主の「おやじ」(本名不明)さんとカラーズは知り合いみたいですが、店主さん、なんていうか……、見た目「スプーキー・エレクトリック」ですよね?

 明らかに統和機構に属する戦闘用合成人間ですよね?

 怪しいサングラスで目元を隠してるのは何らかの伏線ですよね?

 上野の街に薬品を撒いて人々の反応を調査してるんですよねっ?

『ブギーポップ』ホリックなヒダマルの目は誤魔化されませんよ。

 

 

 お遊びはともかく。
 変なメガネを売ってる「おやじ」さんの言うことにゃ、このメガネ、「パンダみたいな猫」に盗まれたことがあるそうです。

 その情報を手にした時。

「そう。……わかった」

 琴葉ちゃん、静かな宣言。

「ゲームクリアー……!」

 

 


 斉藤に「パンダみたいな猫」を見せる3人。

 泥棒猫が盗んだ商品がアジトにあったということは、猫はアジトを住処にしているのではないか。そう推理した琴葉に従ってアジトに戻り、待ち伏せていたところ、捕獲に至ったのです。琴葉ちゃんスゴイ。


 斉藤の提言により、この猫はカラーズのアジトで飼うことに(ちょれー。仕事ひとつ減った by斉藤)。


 新たなメンバーの育成計画に盛り上がるカラーズ。
 そして、

琴葉「じゃ、餌代は斉藤持ちで」
結衣「ありがとー、斉藤さん」
さっちゃん「ご苦労っ」

 斉藤に罰が当たりました。やーい。

 

 ちなみに、猫の名前は「モノクロ大佐」に決定しました。

 

f:id:hidamaru:20180307085920j:plain

 〈公式サイトより引用〉Ⓒ2017 カツヲ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/三ツ星カラーズ製作委員会

 

 

 

 

 


 ロケットランチャー。

 

結衣「私たちは、カラーズ! です!」

 おやじの店で見つけた凶悪な武器を、3人がかりで構えて。

琴葉「これは平和の為だ。斉藤、お前は腐りすぎた。仕方がないことだと思え」

 狙うは、斉藤です。


「動くなー! 動くと撃つぞー!?」というさっちゃんの宣言に、まったく動じない斉藤。動じない斉藤。

 

 動じない斉藤。

 動じない、

 

「撃て~~っ!!」
「撃つのかよっ」


 しかし。
 引き金を引けど、弾頭が発射されません。どうやら偽物のようです。当たり前です。

 


 ほっぽり出された武器を検分する斉藤。安全装置を解除していなかったことを告げますが、武器はそのまま没収です。

斉「バ~カ。誰が返すか、このクソガキが!」

 えっ。

斉「わ~はっは。形勢逆転だな。木っ端微塵にしてくれるわー!」

 あの、斉藤さん。
 すっげぇ大人気ないっすよ? 大丈夫?


「待て! 作戦会議を開く」と主張し、相手の隙を付いて逃げ出すカラーズ。
 小学生の背後から、ロケットランチャーを放って攻撃する警察官。

 さっちゃんが白羽取ったから良かったものの、マジで大丈夫か斉藤さん。


 しかしさっちゃんの反撃により、股間を爆破された斉藤でしたとさ。やーい。

 更に、琴葉に頭を足蹴にされた斉藤でしたとさ。
 うらやま、げふん。なにそのご褒、がふん。

 やーいやーい。

 

 

 

 


 動物園の前にある、パンダデザインの郵便ポスト。
 モノクロ大佐のエサ皿がないため、懸賞に応募する結衣ちゃんです。優しい。

 そんな結衣と琴葉の元へ、慌てた様子のさっちゃんが。
 彼女曰く、「開かずの金庫」があるんだとか。

結「中身はなんだろう! 宝石かなぁ、財宝かなぁ!」
「小指かも」
結「えっ!?」
「耳でもいい」
結「怖いよ琴葉、事件だよそれっ」

さ「事件なら私たちの出番だ! 行こうっ!」

 

 


 交番の前に鎮座する、「開かずの金庫」。
 おやじが店から持ってきたみたいです。開けるためには、4桁のパスワードが必要ですね。

 そして、おやじに渡されたのは「犯人からの暗号文」。この暗号を解き、見事金庫を開けることが出来れば、中身はカラーズのものです。

 

        金庫の中にお宝をかくした
皆の思いがたくさんつまっているのに食べられないパンはな~んだ?
         ※ヒント 下から見ろ

 


 とりあえず単身でパン屋に殴り込み、めちゃくちゃ怒られたさっちゃん(すまん。付いていけなかった by琴葉)は置いといて、アジトに戻って推理することに。


 食べられないパンと言えば、まずフライパン(定番ですね)、そしてパンダ(上野ですしね)、「こういうのを下から見ればいいってことかなぁ?」と頭をひねる結衣ちゃんですが、

琴「結衣。いい?」
結「はいっ、琴葉!」

琴「パンダはその気になれば食べれる」

 確かに……
 草食動物だし、意外に美味しいのかも……(グイード・ミスタ仮説

 

 

さっちゃん「食べられないパン、食べられないパンツ、食べられないパンダ……」

 適当に呟くさっちゃんの言葉に反応する琴葉。
「食べられないパンダ」というキーワードにより、「ゲーム、クリアー!」です。机に登って決めポーズです。こういうトコ子どもなんですね。安心。

 

 

 

 パンダデザインの郵便ポスト。
 その下側に、暗証番号が張ってありました。

 力を合わせた推理によって、見事金庫を開けたカラーズ。中に入っていた物は……、「エサ皿」
 琴葉ちゃんは「小指じゃないのか」と不満気ですが、おやじからのプレゼントですね。モノクロ大佐のエサ皿がなくて困っているのを見て、粋な計らいとゆーヤツをしてくれたのです。

 喜ぶカラーズですが、

「いやちょっと待て。よく見ると、お宝と言うほどの物でもないぞ?」
「そういえば、宝石付いてないね」
「おやじにやり直しさせよう」

 現実的な視点も持ち合わせてるのが、小学生です。意外とね。

 

 

 

 

 

 子パンダブームに沸く、上野の街を舞台にしたご当地アニメが始まりました。乗っかったんでしょうか、それとも偶然?

 このアニメの特徴として筆頭に挙げられるのは……、小学生の可愛さ? 琴葉ちゃんの猟奇?
 それもありますが、ヒダマルとしては、「背景」を推したいと思います。


 このアニメ、背景が異常に凝ってます。
 それはもう、執念深いほどに。


 街行く人々はCGだったりするのですが、人間以外の作り込みが半端じゃありません。
 木とか、店舗とか、ビルとか、すべてが凝ってるのです。
 この背景、一体何十メートル先まで表現してるんでしょう。ヒダマルは目が悪いので(眼鏡をかけても結構悪いので)、肉眼で見るより綺麗だったりするのでは。

 上野に行ったことが無いので断言はできませんが、おそらく、かなり忠実に再現しているのだろうと推察されます。それほどの熱量が伝わってくる作品です。キャラのやってることは阿保ですが。

 公式サイトの原作漫画紹介文には「圧倒的描き込みで魅せる上野の街」とあるので、原作も相当な仕上がりなのであろうことが窺えます。

 すごいな、『三ツ星カラーズ』。

 

 そして、次回予告も個性的。

結「え~っとぉ、今からカラーズ反省会やりまーす!」
さ「反省会? なんだそれ?」
琴「反省会と言う名の次回予告らしい」
結「ち、違うよっ!? そういうんじゃ、」
琴「あ。もう時間切れだ」
結「うそっ? えと、えぇっとぉ、えと、」

 終了っ。
 反省会でも次回予告でもないなコレ……