ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『ゆるキャン△』 第十一話「クリキャン!!」


 静岡は朝霧キャンプ場に到着した、大垣千明と犬山あおい。受付に名前を描き込みます。

千明「大垣千明、犬山あおい、各務原なでしこ、鳥羽……、先生
あおい「それ、名前と違うで」

千「斉藤って、下の名前なんだっけ」
あ「恵那やで」

千「シマリンって何て苗字だっけ」
あ「上半分が苗字や」

 即興お名前コントを見せる名コンビです。

 

 

 

クリキャン!! 昼の部

 2時集合だったのですが、今は正午。待ちきれなくて早く到着したんですね。
 ちなみにこの二人は、顧問に就任した鳥羽先生と一緒に来ました。あの呑兵衛さん、今日も飲むんでしょうか。


 仲間が集まるまで、近くのカフェ「じゅかいの牧場」でスイーツを食べることにしました。
 先生に車を出してもらおうと思ったら、


あ(も……、)


 ベーコン、じゅうじゅう。

 缶ビール、ごくごく。


(もう始めとるー……)


 うむ、歩きましょう。 

f:id:hidamaru:20180317144120j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル 

 

 

 

 

 遅れること30分、ソロキャンガール・志摩リンが到着。
 受付を済ましておこうと考えるも、先に来ていた二人組が登録しておいたそうです。

リン(大垣と犬山さんか……?)

 呼び捨てはあきちゃんだけなんだ……。いや、斉藤も呼び捨てか。こういうのってイメージで左右されますよね。

 

 

 その辺を散策しつつ探してみるも、どこにもいません。
 見えるのは高原と、ススキと木と山と、空と富士山だけ。あっ、子どもが四人走ってます。元気。

 ま、とりあえずテントを張っときます。

f:id:hidamaru:20180317144355j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル

 

 


「お~い!」

 テントを設置し終えると、愉快な声が聞こえてきました。

「リンちゃ~ん!」
(あ、元気な奴が来た)

 主人公は、遅れて登場するものです。
 ……といっても、まだ12時台ですが。

 

 


 妹を送ってきた、優しい桜お姉さんと別れると、大垣と犬山さんから連絡が。なんか美味しそうなアイス食ってます。

リン「すぐ近くだし、歩いて行く?」
なでしこ「ん~……! 今月お小遣い厳しいから、ガマンするぅっ

 この辺の金銭感覚、高校生です。
 彼女はまだ、バイト見つけてませんしね。

 


 マシュマロを焼いて、それをチョコビスに挟んだお菓子、その名も「スモア」。リンちゃんが作ってくれました。はらぺこなでしこの為に。

な「なにこれリンちゃんっ! 美味しすぎるよっ!!」
リ(相変わらずうまそうに食いやがるぜ……)

 これなら作り甲斐もあるってもんですね。
 誰かヒダマルの手料理をこんな感じで食べてくれんかな。タイムマシーンは何処かな。作ろうかな。

 

 

 


 牧場スイーツを堪能した、こっちはこっちで仲良しコンビは。

あ「こんな所に薪売っとる」
千「一束300円って……。安いな

 ガチャガチャレベルですね。
 ここで買っときたいものの、歩きで持って帰るのはしんどいです。鳥羽先生はもう飲んじゃってますし、どうしたものか……

 

 あっ。

 

 


千「いやぁ~、ほんと悪いなぁ~」
リ「別に構わないって……」

 鳥羽先生に次ぐ機動力を誇る彼女に頼りましょう。がんばれ原付。
 しかも、夕飯をご馳走になるお礼に代金も出してくれるそうです。シマリン太っ腹。


千「大将ぉ~! 持ち帰って、家宝にさせて頂きやす~っ!!」
リ「このあと燃やすんだよ」

 おお、リンちゃんが千明にツッコんだ。初じゃないかな。

 

 ……ちなみに、原付に乗らなかった一束は、千明ちゃんが抱えて運びましたとさ。

 

 

 

 

 なでしことリンは、鳥羽先生を発見。

 高原でビールとベーコンを楽しんで、今はぐーすか寝てます。四尾連湖で初めて会った時と同じ雰囲気になっちゃってます。
 寒そうなので、とりあえず毛布で簀巻きにしときました。


 と、その時。
 事件は起こったのです。


《いつまでもほっこりキャンプを楽しめると思うなよ》


 リンのスマホに届いたのは、そんな不吉な文言。


《キサマらのいるキャンプ場に、刺客を差し向けた》

 

 

《パーティーは……、お開きだ!!》

 

 

リン(刺客……、だと……!?)

 謎の脅迫状に動揺してないリンちゃん。


な「リンちゃんっ! あれっ!! ウサギが、ウサギがこっちに来るよっ!?

 なでしこが示す方角からは、確かに一匹のウサギが駆けてきて……、?


リ「いやっ、あれはウサギじゃない」

 

「あれは……、」

 


「「チ・ク・ワ・だあぁ~~ッ!!」」

 


 ご両名、大喜び。

 ウサ耳を付けたチワワのチクワ(字面!)は、笑顔でウェルカムするJKを無視、鳥羽先生の毛布の中にまっしぐらしました。

 そして、

「リン~~。なでしこちゃん~~。おはよ~~~~!」

f:id:hidamaru:20180317143900j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル


 ウサギイヌの飼い主・斉藤恵那ちゃんが到着。

 あおいちゃんと千明ちゃんも合流して、クリキャンメンバーが揃いました。

 f:id:hidamaru:20180317144657j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル

 

 


 毛布の中から出てこないチクワと、残念がるなでしこ。
 そんな彼女のために、犬用ソーセージを取り出して、

恵那「なでしこちゃん、これ持って?」
な「?」


恵那「全力ダーーーーッシュ!!」


 なでしことチクワの追いかけっこが始まりました。

 

 

恵「食うか食われるか。弱肉強食だよっ、なでしこちゃん」
あ「楽しそうや~」
千「じゃあ、なでしこが弱肉強食ってるうちに、テント立てちまうぞ~?」

 弱肉強食に、そんな用法があったとは。

 

 

 


 富士山をバックに、テントを立てます。

 千明部長は、もちろん鉄スキレットとネイティブ柄の布を持参。「これさえあればお洒落キャンプ」って言ってましたからね。リンに褒められて嬉しそうです。


 初参加の斉藤恵那ちゃんは、45,000円の本格シュラフ。
 やっぱ段違いに暖かいみたいです。触っただけで違いが分かるとか。どんだけ。

f:id:hidamaru:20180317143947j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル


 リンちゃんのキャンプ道具はもうお馴染み。扱いやすさを重視した充実のラインナップです。羨ましがられてます。
 45,000円あったら大体揃うと思うけど。

 


 チクワにソーセージを奪われたなでしこの後ろには、さっきのチビッコ達がくっついて走ってます。楽しそう。
 千明の持ってきたフリスビーを引っ提げて、レッツ参戦。

 夕方まで、遊び倒しました。

 

 

 

 


 焚火台で火を起こして、ココアを飲む面々。匂いにつられて鳥羽先生が起きてきました。
 酔い覚ましのココアを受け取りますが、

恵那「なっ。なに入れてるんですか、先生っ?」
鳥羽「ココアには意外とラム酒が合うのよ……(んくんく)。ぷあーッ、温まるわぁ~!

千「起き抜けにいきなり……!」
あ「これがグビ姉……!」

 

 

 

 夕焼けに染まる、赤富士を眺める六人。

 その最後尾で、仲間の背中を眺める、リンちゃん。
 腕の中には、温かいチクワ。


 知らず、笑顔になったのを、彼女は気付いていたのでしょうか。

 

 

 

クリキャン!! 夜の部

 さぁ、あおいちゃんの出番。

 最高級A5ランクのお肉で作るのは、すき焼きだそうです。


(ここから)
 まず、鍋に牛脂を広げ、牛肉に軽く火を通す。
 砂糖、醤油、酒を入れてひと煮立ち。シイタケ、エノキ、ネギ。焼き豆腐、シラタキ、春菊を乗せたら、蓋をしてしばし待つ。
(ここまで、大塚明夫さん)


 正統派関西風すき焼きですね。絶対美味しいヤツですよね。

 

 

 

 ところで、今の気温は0度だそうな。高原ですからね。まだ冷えそう。

な「みんな。こうすると温いですぞ……?」
リ「出たな? 怪人ブランケット……!」
な「ふっひっひっひっひ……」

 という訳で。


 勢力を拡大する、秘密結社ブランケット……!!

 組織のトップ・チクワ将軍……!!

 

 

 

 さて、すき焼きを頂きましょう。
 以下、リンちゃんの心の声です。


(まずは、エノキとネギ……。うむ、肉の味がよく染み込んでいて、うまい……ッ


(次は焼き豆腐っ。……こぉれもうまいっ。しっかりとした食感で、やはりすき焼きには焼き豆腐だっ)


(そしていよいよ……!)

 

(牛肉……ッ!!)

 

(春菊を添えて……。良い肉、頂きます……)

 

 頬張った瞬間。

 周囲の世界がモノクロに変わり、精神世界へ旅立つシマリン。

 

(きめ細やかでしっとりとした牛肉と、つゆを十分に吸った春菊のほのかな苦み……ッ! そして、卵のまろやかさがマッチして……、)

 


(うまい……。ありがとう、牛…………!!)

 

 

 毎度ながら、グルメ描写に力入れすぎですよね『ゆるキャン△』。


 ちなみに、なでしこと千明は感激してわあきゃあ騒いでます。恵奈ちゃんは静かです。

あ(反応がバッチリ分かれとるなぁ……)

 黙々と味わうタイプと、全身で表現するタイプですね。ヒダマルは前者です。
 あと、鳥羽先生はすき焼きに合う日本酒を持ってくればよかったと後悔してます。泣いてます。そんなにか。

 

 


 斉藤の恵那ちゃんが、クリスマスっぽいアイテムを持って来ていました。サンタの衣装ですね。
 これを着れば、


   年末戦士・
     サンタクレンジャー!!


 全員分あるとか。
 ミニツリーもあるとか。恵那ちゃんの経済力……

 

 


 すき焼きが「トマトすき焼き」に変身し、更に〆のチーズパスタ。あおいちゃん張り切ってますね。

 パスタを投入しようとするも、カセットコンロのガスが切れてしまいました。コンロはなでしこの担当ですが、替えのカセットを忘れたそうな。

 先生が持ってたカセットも切れて、焚火台では調理が出来ず、リンちゃんのバーナーには鍋は乗りません。
 そして、コンロが使えないという事は、


な「明日の朝ごはん、作れないってことじゃん……!」


 クリキャン、ピンチ。

 

 救世主・リンちゃんが、原付で買い出しに行ってくれるそうです。カッコイイです。鳥羽先生が飲んでさえいなければ。この大人はなにしに来たんでしょうか。

f:id:hidamaru:20180317144217j:plain

〈公式サイトより引用〉Ⓒあfろ・芳文社/野外活動サークル

 

 

 

 寒さに堪えながら、原付を走らせるシマリン。
 風のむこうから、親友の声が聞こえる気がします。

 

 

 リンは、ひとりキャンプの方が好きかもだけど

 

 みんなでやるキャンプは、違うジャンルの楽しさがあると思うよ?

 

 


 ヘルメットの中で、微笑んで。


「わかった、わかった……」

 

 

 

あとがき。

 初めての全員参加キャンプが始まりました。予想通り、二週使って描くみたいですね。明日の朝ごはんが楽しみだ。

 仲間がちょっとずつ揃っていく感じとか、お互いのキャンプ道具を羨ましがるノリとか、いかにもって雰囲気ですよね。ソロキャンでは味わえない感覚でしょう。リンちゃん良かったね。

 

 そして、すき焼きが美味しそうでした。
 主題がキャンプなのかグルメなのか分かんなくなるレベルの描写でしたし。うん、すき焼き作ろう。


 次回、「ふじさんとゆるキャンガール」。
 最終回ですね。冬が終わって、春が来ますね。

 寂しいなぁ。