ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

女ん子やったら良かったとに。 『ゲゲゲの鬼太郎』第四話「ゲゲゲの森の禁忌」


 第一話に登場していた、妖怪に会いたい男の子・裕太くん。
 ここに来て再登場し、鬼太郎と念願の初顔合わせと相成りました。


 鬼太郎が住む「ゲゲゲの森」には本来人間が入れないのですが、「人間の子どもは魂が安定しておらんからのう(by 目玉おやじ)なため、やってきちゃったのです。

 ……これ、「神隠し」って言わないかい?

 

 

女ん子やったら……ッ!!

 こちらが、今回の主役・裕太くんですが……、

f:id:hidamaru:20180426233309p:plain

 かわいい。

 なぜだろう、男の子のはずなのに。


 そして、まなから聞いて憧れていたねこ娘に尊敬の眼差しを向ける裕太くんですが……(もちろんこの後、ねこ娘はすぐさまデレます)

f:id:hidamaru:20180426233352j:plain

 かわいい。

 

 

 ……いや、子どもはみんなかわいいですよ?

 男の子だって、小学生はみんなかわいいもんですよ?

 


 だけど……、

 これは……、


 イケナイ感じにかわいい。

 

 


 え、なに?


 ヒダマルは何を感じてるの?


 新たな扉を開こうとしてるの?

 

 っていうか、ヒダマルはさっきから何を口走ってるの?

 

 

見えそうで見えない。

 落ち着け。冷静になれ。

 ヒダマルは、ヒダマルは女の子が好きだったはずだ。


 だってほら、「一反木綿に鬼太郎とタンデム」の図では、ねこ姉さんのチラリズムに着目して「一時停止→コマ送り」で確認してたじゃないか。

f:id:hidamaru:20180427005835j:plain

 もうちょっと……!

 もうちょっとなのにぃ……!!

 

 

寅吉ってだれ?

 裕太くんは、目玉おやじの勧めもあって鬼太郎ハウス(呼び方あってる?)に招き入れられました。

 その際、砂かけ婆が「人間がここへ迷い込むなんて何百年ぶりかのう。確か、前来たのは寅吉とか言ったなぁ」と証言しています。


 ……ヒダマルは、直感しました。


 これは、何らかの裏話があると。

 

 

 鬼太郎アニメ化50周年の今作ですから、過去作品の流れをそこかしこで汲んでいるだろうと想像したのです。

 ここで話題に登った「寅吉」という子どもも、もしかしたら、過去に登場していたのではなかろうかと。

 


 しかし、この予想は外れでした。

 いわく、江戸時代に書かれた書物の中に、神隠しに遭った「寅吉」という男の子が記されているそうです。
その子は、実はゲゲゲの森に迷い込んでいたのです」という遊び心ですね。これはこれで好き。

 

 

お婆ちゃんって、ユメコちゃん?

 妖怪に詳しく、孫の裕太に色々な話を聞かせているらしい「裕太のお婆ちゃん」。

 コナン君ばりに「ピキィン」と来たので、これも調べてみました。

 

 

 第三期の鬼太郎アニメでは、人間のヒロインとして「ユメコ」という女の子が登場しています。いわば、まなの先輩ですね。

 まぁこれは公式サイトの50周年特集を見て初めて知ったんですが。


 裕太のお婆ちゃんは妖怪についてよく知っている、という描写があった辺り、「以前のアニメシリーズに登場していた誰かではないか?」と考えました。

 となると、候補に挙がるのが第三期のユメコちゃん。

 

 彼女こそが、裕太のお婆ちゃんなのではなかろうか……?

 


 ……しかし、辻褄が合わない点がいくつもあるので、この予想も外れでしょう。

 まず、鬼太郎の三期放送は1985年~1988年。
 この時、ユメコちゃんが小学生で10歳だったと仮定しても、2018年現在の年齢は33歳です。
 お母さんなら分かるけど、お婆ちゃんはないなぁ……。

 

 次に、先ほどの砂かけ婆の言葉「人間がここへ迷い込むなんて何百年ぶりかのう」。

 三期に詳しい訳ではないので断言はできませんが、メインキャラの一人として参加していたユメコちゃんが、鬼太郎の住処に一度も訪れていないというのは不自然な話です。

 

 そのため、今作の鬼太郎ではユメコちゃんの存在はなかったことになっている、というよりも、過去の人間とのやりとりは全てリセットされていると考えるのが自然です。

 


 たんたん坊・二口女・かまいたちの妖怪トリオなんかは過去作にも登場したので、「妖怪側の事情は継続されているけど、人間サイドはリセット」というパラレル設定みたいですね。

 なかなかにややこしい。

 

 

まとめ。

 裕太くんはトラブルメーカーとしての活躍が見込めます。ねずみ男とは違う形で事件を呼び込んでくれそう。

 そして、このタイプのキャラクターは「成長」を象徴する役割も担っています。プリキュアのはぐたんとか、ペコリンなんかがそうですね。


 この先の展開で、新世界の萌え要素を提供してくれ立派に成長してくれることを期待しています。

 


ゲゲゲの鬼太郎 第5話予告 「電気妖怪の災厄」

 

www.hidamaruanime.com