『SAO オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』 第八話「セカンド・スクワッド・ジャム」


「ステータス高い! 頼りになる!」

 死に魅せられたピトフーイを救うため、親友である篠原美優をGGOに呼び寄せたレン。
 彼女のキャラクター「フカ次郎」のステータスは「敏捷性」「器用さ」以外レンよりはるかに高く、特に「筋力値」と「耐久性」がずば抜けていました。


 見た目は「低身長金髪小悪魔」、頭脳は「能天気道産子ゲーマー」ですが、能力的には非常にマッチョでタフ、いわばシュワルツェネッガー氏のようなもの。

 うん、頼りになりそうです。

f:id:hidamaru:20180601150331j:plain

 

 

「フカ次郎」の由来。

 剣と魔法と妖精の世界、〈アヴルヘイム・オンライン〉。

 普段はそちらのフルダイブゲームで遊んでいる篠原美優ですが、キャラの名前がどうして「フカ次郎」かといいますと、これには深い訳があるのです。


 まず、「フカ次郎」は美優が以前飼っていた犬の名前です。
 そこからさかのぼって、

「子犬が飼いたかったけど、ずっと「不可」だったのと、」

 うんうん。

「飼ってた文鳥が「篠原太郎」だったから、」

 ふむふむ。

「次男で「フカ次郎」!」

 なるほど。

 

「ああ、フカ次郎や、天国で安らかに……」

 安らかに……。

 

 

あしながエムさん。

 高ステータスなフカ次郎ですが、問題がひとつありました。
 それは、お金がないこと。

 初期設定の「1,000クレジット」しか持っておらず、装備を整えるにはサッパリ足りません。困った。

 

 レンがリアルマネーを出そうとするもフカは断り、「言ってきた人に援助を頼めばいいじゃんか」と提案します。

 エムのリアル、阿僧祇豪志さんに連絡すると、彼から贈られたのが……、

 


 C:10,000,000

 


「これ、間違いじゃないよねっ?」
「たぶん……」
「あとから内臓売れ! とか、マグロ漁船にのれ! とか言われないよね……?」
「たぶん……」


「今すぐエムと結婚したい! メアド教えろ」

 

 

連発式グレネードランチャー《MGL-140》

 大金を手にした二人は、フカ次郎のメインアームを探しに出かけます。そこで出会ったのが、「連発式グレネードランチャー」


 グレネードは日本語で「榴弾」、火薬が詰まっていて爆発する弾のことです。ハンド・グレネードで「手榴弾」です。

 そしてグレネードランチャーは、手で投げるより遠くへ打ち出すための武器です。飛距離、最大400メートル。

 更に「連発式」とある通り、6発の榴弾を装填した状態で引き金を引き続ければ、わずか3秒で全弾発射できるという優れモノ。


 更に更に、「二丁持ち」です。

 フカ次郎は筋力値が飛びぬけているので、現実にはあり得ない装備方法が可能なのです。
 単純に火力は二倍です。

 強力な榴弾が、3秒に12発降り注ぐ計算。怖い。

 

 

 ……ちなみに、フカ次郎は即決で二丁購入しましたが、一丁につき3,000,000クレジットです。


 ……更にちなみに、GGOのクレジットは「リアルマネートレード」が可能です。

 

 

まとめ。

 実践練習を重ね、セカンド・スクワッド・ジャムへの準備を整えたレンとフカ。
 開始直前のやりとりにて、レンはピトフーイと話します。


「ピトさん」

「頑張りますから、期待していてください」

「約束、忘れないでくださいね!」


「ん? よく分かんないけど……、まあ分かった。あと、敬語はナシナシ! 他に言いたいことは?」

 ピトフーイに訊ねられて、


「絶対に……、殺す!」


 レンは即答しました。