ハンドメイドな話。 その⑦【シリコンで型取り】


 みなさま、こんにちは。
 悪夢率七割を誇るヒダマルです。

 いつだったか人面キングギドラに襲われた時はもうね、命がないと思ったよね。

 

 

 さて……、

 前回のまとめで、ヒダマルは宣言しました。次回は「ハンガーの作り方」を紹介するだろうと。
 でも今回は「シリコンで型取り」です。

 何故かというと、

 

f:id:hidamaru:20180617143109j:plain

 ハンガー、再現できない問題。


 思い付きで作った時はうまく出来たのに……。なに、あれは奇蹟だったの?

 という理由から、ハンガーちゃんの紹介は延期です。申し訳ない。

 

 

シリコン。

 レジンの熱で変形するイロプラは諦めて、こっちに鞍替えです。

f:id:hidamaru:20180617143235j:plain


 セリアで売っていた、シリコンの型取り素材。最近まで置いてなかったんですが、丁度いいタイミングで入荷されておりました。
「読者のみなさまの中に、セリア関係者さんいる?」ってくらいのナイスタイミング。


 説明書によると……、白と黄色の素材を混ぜると、固まり始めるそうです。

「すべての工程を4分以内で終わらせてねっ☆」的な注意文が記されていますが、写真撮ってる余裕はあるんでしょうか。

f:id:hidamaru:20180617143328j:plain

 

 

混ぜてみる。

 クリアファイルの上に開封して、

f:id:hidamaru:20180617143406j:plain

 混ぜるッ!!

 手早く混ぜるッ!!


 すると、案外簡単に混ざり合いました。

f:id:hidamaru:20180617143454j:plain


 1分くらいしかかかっていません。これなら余裕だぜ。

 

 型を取りたいものを押し付けて、縁もキレイに整えて、このまま30分待てば良いそうな。

f:id:hidamaru:20180617143527j:plain


 そうして完成したのが、こちら。
 ふむ、見た目はイロプラと遜色ありません。

 熱くない分、イロプラより簡単ですね。やり直しは出来ないのがデメリットですが。

f:id:hidamaru:20180617143610j:plain

 

 

新たな作戦。

 早速、レジンを入れて硬化させました。何故か表面がザラザラしてますが、まぁ味があると言えばある(この型に関しては、目指すはコスプレ用アイテムなので)

f:id:hidamaru:20180617143659j:plain

f:id:hidamaru:20180617143720j:plain


 今回は着色しないのかって?


 ふっふっふ……。

 ヒダマルはね、気付いたのさ……。


 中身まで色ついてる必要は皆無だってことにな。


 気付くのが遅い気もしますが、そこはヒダマルクオリティ。

 

 つまり、ココから色を塗ってコーティングすれば、イイ感じのマット感が出るだろうという予想です。

 

 

塗ってみる。

 パステルを削って、レジンに混ぜ込んで……、

f:id:hidamaru:20180617143822j:plain

f:id:hidamaru:20180617143844j:plain

 筆で塗っていきます。


 レジンまみれになって触れないので、紙にマスキングテープで固定します。こういう小細工だけは上達していくヒダマル。

f:id:hidamaru:20180617143939j:plain


 こうして、シュトロハイムで固めてみましたが……。


 なんか、薄い。

f:id:hidamaru:20180617144008j:plain

 

 更に塗ってみるも……、

f:id:hidamaru:20180617144140j:plain

 なんか、ちがう。
 思ってたんとちがう。

 

 

足掻いてみる。

 よし、発想の転換だ。

「固めてから塗る」ではなく、「塗ってから固める」だ。

f:id:hidamaru:20180617144307j:plain


 ヒダマルの変態な脳はね、こういう発想が割と得意ですからね。

  しかし……、

f:id:hidamaru:20180617144408j:plain

 最初のが固まってなかったというね。

 

 

まとめ。

 また失敗しちゃった☆


 ヒダマル、型取り&着色にどんだけ手間取ればいいんでしょう。

 シリコンが100均だからいけないのか、イロプラを使うたびに成形し直すリサイクル方式がいいのか、まだまだ試行錯誤は続きそうです。どうすりゃいいんだ。


 ハンドメイド作家デビューへの道は遠いぜ……。