ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

境港の強肩(スナイパー)。 『ゲゲゲの鬼太郎』第十六話「潮の怪!海座頭」


 父の故郷・鳥取は境港に遊びに来た犬山まな。
 しかし、漁師の叔父・庄司さんが漁から戻らず行方不明になってしまう。

 叔父を探すため、船に飛び乗った彼女が見た物は……。

 

 

船幽霊。 

 庄司おじさんを探すため、船に乗ったまなちゃん。
 しかし、船幽霊に襲われて転覆します。船幽霊とはアレです、柄杓を欲しがるやつです。

 妖怪に取り込まれていたおじさんが助けてくれましたが、危機一髪ですね。


 烏のブランコで境港に飛んできた鬼太郎が解決に乗り出すと、現れたのは妖怪・海座頭。
 人間を妖怪に変え、海の底に眠る財宝を引き上げようとしてるみたいです。ねずみ男みたいなやつです。

 

 

妖怪VS人間。

 海底に封印されている魂を解放すれば、船幽霊になった人々を救えるかもしれない。
 しかし住人は、人間の力で妖怪に立ち向かうことを恐れます。まぁあんな事件がありましたし。 

www.hidamaruanime.com

 


 そこで口を開くのが、人間ヒロイン・犬山まなちゃん。


「私、この町が大好きです」


「歴史があって、自然がいっぱいあって、ご飯がすっごく美味しくて」

「でも一番の理由は、みんながとても気持ちの良い人達だから」

「暖かくって、元気がいっぱい溢れてて。お父さんも、庄司おじさんも、リエおばさんも、みんなみーんな……」


「境港のみんなが一つになったら、できないことなんてないよ、きっと!」


 彼女の心意気に感化され、力を合わせたみなさんでした。

 

 

境港の強肩(スナイパー)。

 名探偵(劇場版)な感じの肩書を持つ犬山庄司さん。

 魂が戻って解放されると同時に、その強肩を活躍させました。


 野球ボールで海座頭を攻撃し、鬼太郎が反撃する隙を作ったのです。

f:id:hidamaru:20180715171030j:plain


「冒頭から出ているアイテムが、ラストで決定的なカギとなる」というお約束を果たした庄司さんでしたとさ。

 

 

まとめ。

 境港の住人のみなさん、なんとなくモデルがいそうなキャラデザインでした。キノピーて。
 船幽霊が「オーエスオーエス」言いながら綱引きしたり、人間に戻った際にカツラが取れたりと、シュールな演出も多々。

 ヒダマル的には、境港といえば鬼太郎なのに一切触れられないというメタな縛りもツボでした。

 


 そして次回、「蟹坊主と古の謎」。

 鳥取回が続くのかぁ。
 海回はあるかなぁ。

 


ゲゲゲの鬼太郎 第17話予告 「蟹坊主と古の謎」

 

www.hidamaruanime.com