ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『すのはら荘の管理人さん』 第六話「じぇーけー 水着 夏休み」その①


「今日もあっついなぁ……」

 すのはら荘は夏まっさかり。
 暑さにうだる椎名亜樹が、自室の扉を開けると、

 

 

f:id:hidamaru:20180812161309j:plain

 こんなお姉さんがいました。

 お着換え中でした。

 

 


 しばし硬直した後、静かにドアを閉めるあっくん。


(誰……っ!?)

 

 

謎のじぇーけー。

「ごめーんねー。誰もいなかったから勝手に入っちゃったけど、いいっしょ? てゆーか、三月まで奈々の部屋だったしー」

 独特なイントネーションと共に出てきたのは、小麦色ツインテールっ子・その名も奈々さん。

 ギャルです。
 ギャルな模様です。

 


「今は君が使ってんだ。なんかうけるー」

 何にだ。
 どこにどうウケたんだ。

 

 


 ハイテンションマイペースなギャル語を話し、あっくんをかどわかす謎のギャル、いや謎の奈々。


 雪元会長により一旦はサルベージされるものの、

「会長、奈々さんと知り合いなんですか?」
「あの人は元・生徒会長だ」
「え。棚町中学の生徒会って、成績上位者から選ばれるんじゃ……」
「あの人は相当強いぞ……」

 柚子会長すらも恐れる存在、そのフルネームは春原奈々さん。


 つまりはこの方、管理人さんの妹なのです。

 

 

じぇーけーとゲーム。

「ゲームやんべっ!」

 男子中学生の部屋にノック無しで突撃するという偉業に挑戦したのは、今回の主役・春原奈々さん。


 押入れの天井板の奥からファミコンっぽいゲーム機を取り出し、

「そんな隠し場所があったとは……」
「えっちな本を隠すのに使っていいよ?」
「持ってませんよっ」

 テレビにセット。

 


 そして、

「ヘイ、カモン!」

 お膝をぺちぺちしました。
 さすがは姉妹です。

 

「ええっ、そこですかっ?」
「拒否権はない」
「あ……、はい……」

f:id:hidamaru:20180812180517j:plain

 


 奈々さんのあぐらの中でゲームやる破目になったあっくん。

 ばっちり抱え込まれてます。
 すなわち押し付けられてます。


(ゲームだけに集中、ゲームだけに集中、ゲームだけに集中、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ……!)


 過集中によりオーバーヒートしたあっくんは、奈々さんの膝枕で目覚めたのでした……。

 

 

 

 そして、


「お姉ちゃんお姉ちゃん、この子ウチで飼いたいっ!」
「えええ!?」

「あっくんは私が管理してますから、ダメですよ?」
「管理人さんっ!?」

 

 春原姉妹、底が知れないのでした……。

 

 

まとめ。

 小麦色の肌ってどう描くの?

 と悩ませられる新キャラが登場しました。
 実は第一話冒頭でもちょこっと出てた人ですね。肌色率はナンバーワンですね。


 その②では、奈々さんのお友達も登場します。

 


 それでは恒例、平成最後の夏だからこそなCMをどうぞ。

 ヒダマルは「たわわクリップ型しおり」が気になります。
 ええ気になりますとも。

 


【すのはら荘の管理人さん】一迅社CM#06