ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

戦争。 『ゲゲゲの鬼太郎』第二十話「妖花の記憶」


 犬山まなの大叔母、沢田淑子。
 90を過ぎて身体を壊したものの、矍鑠とした頭は健在です。

 皮肉な口調で相手を威嚇する彼女でしたが、


 用事を訊ねられると。

 

「もうじき、お盆だね」

 


「……花」

 


「花を、見てきてくれるかい」

 

 

 

淑子おばさんちの妖花。

 淑子おばさんの家にやってきた、まなとお母さん。

 そこには、図鑑に載っていない謎の花がこれでもかと狂い咲いていました。

 

f:id:hidamaru:20180814120138j:plain


「昔からお盆の頃になると、いつの間にか咲いてるの。流石にこれほどたくさんなのは始めて見るけど」

 まなのお母さんもその昔に調べたものの、花の正体は分からなかったそうです。

 

 


 気になってやってきた鬼太郎とねこ姉さんによると、というか目玉おやじによると、

これは妖花と呼ばれるものじゃ。妖気や霊力を受けて咲く花じゃよ

 とのこと。

 

 邪悪な気配は感じないものの、いちおう力の源を確かめておくことにしました。

 淑子おばさんの様子、一面に広がる妖花が気になったまなちゃんも、一緒に行くことに。フットワーク軽いなぁ。

 

 

南国・パプアニューギニアへ。

 ハマグリ船

 なる、どこからツッコめばいいやら分からないケッタイな乗り物で出発した鬼太郎一行。
 さっきはいなかったねずみ男も付いて来てます。暇だそうです。

 

 まさかの赤道越えにより、到着したのはパプアニューギニアでした。

 


 パプアニューギニアといえば……。

 太平洋戦争(正しくは大東亜戦争)の際、日本が侵略した土地。
 そして、水木しげるさんが左腕をなくした場所です。

 


 妖花を咲かせていた力の源は、日本軍の兵として死んだ遺体の思念。

 淑子おばさんと恋仲だった男性の想いが、遠く日本へ便りを贈っていたのでした……。

 

 

戦争と社会についての考察。

 とりあえずは、淑子おばさん。

 威嚇と暴力でコミュニケーションなんてのは、怠け者の言い訳ですからね。相手を尊重しない関わりなんて、それこそ戦争みたいなもんです。

 関わり自体を放棄してるヒダマルが言うのもなんですが。

 


 そして戦争。
 殺し合いがしたい人なんてかなり少数派だとは思うものの。


 戦争反対、とは言いつつ感じつつ、隣に銃を持つ他人がいたらどうするの、大切な人もいるけどどうするの、となったら、ね。


 この問題に中庸は存在するのでしょうか。

 

 


 ごめんで済めば警察はいらないし、思いやりで済めば法律はいらないので、やっぱり人が人の世で生きるためには、清濁併せて必要だとは思います。


 キノの旅における「人を殺すことができる国」のように、強力かつ平等な抑止力があればいいのでは、なんて考えはするものの、それって現代で言う所の銃社会、そして原爆じゃんと。

 使われないことにこそ意義のある物・事の価値は確かにあるものの、取り返しのつかないものまでそこに含めて良いものか。


 キノとの違いは「ルールが定まっていない(あるいは運用されていない)」「平等でない」という点でしょうか。

 

 

 もっと現実路線でいくと、戦争によって利益を見込める環境があるからそれが起こるのか。ねずみ男も「需要があるんだから仕方ねぇさ」って言ってたし。

 じゃあそれをなくせば、という方向性はなかなか良さそうですね。
 暴力が好まれる所以はその手っ取り早さ・確実性にあるので、超ハイコスト・超ローリターンにすればあるいは。

 そのためにはやはり、ルールが必要ですね。

 誰がどうやって作るのって話ですが。

 


 必要悪がいつまでも必要なままに存在し、常に暴発する危険を伴う現状からの脱却は図れる気がするんですが、人間の利益をどう提案するかに的が絞られそうです。


 考えれば考えるほど、この現状だってそこそこユートピア、そこそこディストピアなんだよな、とか。

 

 


 なんて思案はおいといて、ヒダマルの本音本心をそのまま言葉にすれば、

「お互いに痛いのはヤだから止めとこ」

 となります。


(だから、それでも攻撃してくる、してきそうな相手がいたらどうすんの、って話で振り出しに戻る……)

 

 

まとめ。

 ピトフーイが出てましたね。


 フグ毒と比較して四倍の神経毒を持つとされるニューギニア固有種の鳥!
『ガンゲイル・オンライン』で「魔王」の名を冠するキャラ名の由来!

 いやぁ、仕事が細かい……!

 

 

 いつもは飄々としたねずみ男が、慰霊の心を持ってることにはちょっとビックリしました。

 あんた妖怪に人間差し出してたよな?

 

 次回は「炎上!たくろう火の孤独」。
 成長期デジモンみたいな妖怪が出ますね。


ゲゲゲの鬼太郎 第21話予告 「炎上!たくろう火の孤独」

 

www.hidamaruanime.com