ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『はるかなレシーブ』 第八話「約束守ってみせるから」


 エクレア姉妹の母親、トーマス・マリッサさん。

 娘はもちろん、成美・かなたペアを指導していたコーチみたいです。つまり敏腕です。


 その敏腕さんが、次のシーズンまで部のコーチを引き受けてくれるそうな。

「ありがとうございます。でも、シーズン終わったばかりじゃ……?」
「それはね……」

 かなたとマリッサの視線の先には、


「……? ミー?」

 主人公がぼーっとしています。

 

 

トーマス・マリッサ。

 かなたのビーチバレー復帰を聞きつけ、二人を鍛えるためにやってきたマリッサさん。

 早速、はるかなペアに自らのスパイクを取らせます。
 取らせますが、


 強烈。


 遥のブロックはもちろん、かなたにもレシーブできません。

 


「ダメねぇ。やっぱり昔よりパワーダウンだわ」
「!? これでパワーダウンってどんだけですか!?」

 お母さま、おいくつなんでしょう。

 

f:id:hidamaru:20180901163118j:plain

 

 

答えはコートの中にある。

 びしばし放たれるスパイクを受け続けるも、

「取れるの? これ……。次元が違う気が……」
「でも、マリッサは出来ない事、言わないと思う。何かが足りない……」

 格の差ってやつですね。
 大人だもんね。

 


 しかして「答えはコートの中にある」というマリッサの言葉からヒントを得、二人で協力して取る方法に気付いたはるかなでしたとさ。

 

 

沖縄の年末。

 そこそこの時が流れ、

「まさか年末まで練習とはねー……」
「マリッサは、基本スパルタだから」

 ってな会話をしてるはるかなですが、

 

 半袖。

 むしろノースリーブ。

 

 

 年末だよな、12月だよな?

 よく知らんけども、沖縄ってここまで南国なのか……!?


 サンタさんはどんな格好してるんだろう……。

 

 

まとめ。

 マリッサが指導した四人のうち、三人が高校生1位・2位のペアに入ってるんですよね。
 凄いなお母さん。

 いやぁ、ちゃんと生きてきた大人は強いぜ。
 ヒダマルはカマキリより弱いけど。


 そして案の定、シーズンオフ時間が過ぎ去ったな……。

 まぁこれも演出か。

 


『はるかなレシーブ』第9話予告

 

www.hidamaruanime.com