ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『はたらく細胞』 第九話「胸腺細胞」その②


 キラーT細胞になるための試練が続く、未熟な胸腺細胞たち。

 そんな折、鬼教官・胸腺上皮細胞さん(小山力也ボイス)による抜き打ち試験が始まりました。


 現・キラーT細胞さんと、現・ヘルパーT細胞さんは、如何にして今の関係になったのでしょうか……。


 

 

正の選択・負の選択。

 ウィルス感染細胞やがん細胞を攻撃するT細胞になるためには、抗原を正確に判別し、的確に攻撃できる能力が問われます。


 そこで行われるのが、正の選択と負の選択。

 適性のある細胞を選択して生存させる「正の選択」、自己を攻撃する恐れのある細胞を除外する「負の選択」を通して、免疫の戦士となる細胞を選別しているのです。

 

 

 とか真面目に語りつつ、ヒダマルもこの回を視聴するまではまったく知らない単語でした。

 ほんと勉強になるなぁこのアニメ。

 

 胸腺細胞のうち、最終的にT細胞になれるのは僅か数%、残りは死滅だそうですから、かなり過酷ですね。

 

 

抗原大撲殺木端微塵拳。

 鬼教官は「いつも通りやればいい」と言いますが、いつもより難しい試験の前に次々と脱落していく胸腺細胞たち。

 ヘルパーT司令と制御性Tさんは冷静な判断で合格したものの、心配なのはキラーT細胞さんです。

 

 

 背後にいる敵役・抗原パネルに気付かず、緊張のあまりオロオロしてたら間もなく制限時間、彼の細胞人生もここまでかと思われたその時、

 

「体内最強奥義! 抗原大撲殺木端微塵拳だぁーーっ!」


「なんで知ってんだお前ぇ!?」


「合格! Congratulation!」

 

 

 現・ヘルパーT司令による「秘密特訓でしかやったことない奥義を叫ぶ」というナイスアシストにより身体が反応し、見事合格した現・キラーTさんなのでした。

 

 

二人の青春。

 合格したはいいものの、T細胞としてやっていけるのか自信がなく、弱音をもらすキラーTさん。

 夕暮れの河原で、ふたり並んで語らいますが、体内のどこでしょうねココ。

 


「お前はいいよな。キラーのみならず、ヘルパーにも、制御性にもなれるって言われたんだろ」
「……だったら、今からでも脱落届出して来いよ。自信ないんだろ? 辞めりゃいいじゃないか」
「……っ、なんだと……!?」


 厳しい言葉をかけるヘルパーT司令。


「言っとくけどな、キミのそういうくっだらない感傷にいちいち付き合ってくれるほど、世間は……。いや、仕事人の世界は甘くないぞ」

 

 

 

 

(くだらないだと……?)


 劣等生の気持ちを知らず。

 

 

(お前みたいな……、天才に……っ!)


 成すことすべてを認められてきた、ライバルに。

 


「俺の気持ちが分かってたまるかぁーーっ!!」


 怒りの拳を向ける彼でしたが、

 

 


「馬鹿野郎ぉーーっ!!」
「ぅぶしっ!」

 


「馬鹿野郎ぉーーっ!!」
「ぅぶしっ!」

 


「馬鹿野郎ぉーーっ!!」
「ぅぶしっ!」

f:id:hidamaru:20180907123858j:plain

 青春のカウンターパンチ。

 前回の「血液循環」でみたことある「ぅぶし三段(?)活用」が演出されました。

 

 

 

「自分の弱さと向き合ったんなら、いいかげん覚悟を決めろ! 目を覚ませよ。もう頑張るしかないんだよ」


「無駄に見える努力でも……、ひとりコツコツ続けるのが、お前の取り柄だろ……」


 落ちこぼれである彼の、人一倍の努力を誰より知っていたヘルパーT司令。

 


 互いの才能を認め合った戦友は、最強の免疫細胞になることと、司令官を目指すことを誓ったのでした。

 夕日に染まる川面と、共に照らされて。

 

 ……どこでしょうね、ココ。

 

 

まとめ。

 互いのアドバイスを実直に受け入れ合った結果、なよなよしたヘルパーT司令とスパルタンなキラーT細胞さんが生まれたのでした。

 時間を利用したギャップ作り、というのもアリだ。


 白血球さんと赤血球さんもそうでしたが、細胞にも幼少時のクラスがあるんですね。
 血小板ちゃんはランクアップしないんでしょうかね。

 


 次回は「黄色ブドウ球菌」ですが、彼女は第二話でやられたはず。

 何か隠された力を持っているのか……!?

 


【公式】TVアニメ『はたらく細胞』/第10話「黄色ブドウ球菌」次回予告

 

www.hidamaruanime.com 

www.hidamaruanime.com