ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

すのはら荘の管理人さん 第十話『仮装 ぺんぎん 姉ごっこ』その③


 春原荘の共同リビングで、月見里菫さんに写真を見せてもらうあっくん。

「これが、会長が小学生の時の写真」
「今も昔も小さいですね」

 言うねぇ。

 

「二人とも仲良くなったわよねぇ。菫ちゃん、そうしてると、椎名君のお姉さんっぽく見えるわよ?」
「そうかしら」

 風見ゆりさんのお言葉に、まんざらでもない菫さんです。


「「菫お姉ちゃん」、って呼んでみて。何かに目覚めそう」

 ヒダマルはねぇ、とっくに目覚めてる。

 

www.hidamaruanime.com

www.hidamaruanime.com

 

 

姉ごっこ・雪元柚子。

「お姉ちゃんといえばこの私っ!」

 と名乗り出たのは、雪元さん家の柚子会長。
 会長の中では、「生徒会長=姉属性」らしいです。


私が完璧な姉を見せてやろう。椎名が弟をやれ

 なんだこの漫才展開。

 

 


 そして、おもむろに正座し、ふとももをぺちぺちする柚子会長。


 これは、ひ……、

 

 HI ZA MA KU RA ……!?

 

 

 弟役のあっくん、遠慮がちに膝枕ります。


「こっちむくなよ」
「……」
「っ!? 息もするなっ!」
「そんな無茶なっ」
「こら、動くんじゃない! あっ、こら」
「ど、どうしたの、お姉ちゃん……」
「見んなっ!」

f:id:hidamaru:20180914170038j:plain


 会長がっ、会長が自ら掘った穴に埋葬されてゆくっ!!

 超・恥ずかしがってるぅっ!!

 

 

姉ごっこ・風見ゆり。

「お姉ちゃんなら、もっと堂々としてないと」

 生徒会の参謀役・風見ゆりさんがお手本を見せます。

 

 シチュエーションは、「看病」。
 37.5℃の熱を出した弟くんにお姉ちゃんがリンゴを向いている一場面なのです。

「はい、あ~ん」
「あ、あ~ん……」


 ぱく。

 もぐもぐ。


 ……。


「あぁぁ、ダメっ! 思ったより恥ずかしいわ……っ!」

 ゆりさん、脱落。
 あっくんのかわいさを甘く見ましたね。

 

 

姉ごっこ・月見里菫。

「声をかけたら入ってきて」

 トリを飾るはクールビューティー、月見里菫さん。
 謎の命令を残して脱衣所に消えましたが、もう嫌な予感しかしません。

「いいわよ」


 がらり。


「あらあっくん。一緒に入る?」
「もう何の恥じらいもないんですねっ!?」

 お着換えを手伝った仲ですし。

 

 

あっくんのお姉ちゃん。

 お姉ちゃんといえば、あっくんには実の姉がいます。

「もちろんお風呂は別々だったよな?」
「(すーん……)」
「なんだよその顔っ!?」


 お姉ちゃんの話になると、びみょうな顔で口を閉ざしちゃう椎名のあっくん。

 果たして、彼のお姉ちゃんはどんなお方なんでしょうか……。

 

 

まとめ。

 というわけで、

 次回、

 

 姉、襲来。

 

www.hidamaruanime.com