ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『宇宙戦艦ティラミスⅡ』 第一話その②「IT FALLS INTO THE CHRYSLER 」


 人知を超えた変形型戦闘機・ケリュケイオンが名古屋警察にレッカーされ、落ち込んでいるお兄ちゃん。
 行く当てもなく、デュランダルが堕ちた浜辺で時間を潰すイチノセ兄弟+パッカーくん。

 そんな時、ティラミスからの連絡が届きました。  


 

「IT FALLS INTO THE CHRYSLER」

『スバルさんっ! ティラミスから連絡ですっ!』
「! 読み上げてくれっ」
デュランダルの不時着位置を特定。地球連邦総司令部の使者が回収に向かった、だそうです!

 おぉ、総司令部のお出迎え。
 流石はスバル、地球軍のエースパイロットです。ぼっちだけど。

 

 

 

 潜水艦が二人を救出し、海底に隠された司令部へ移動。

 敵軍の将であるイスズ兄さんは、スバルの機転により一般人であると紹介されました。兄弟愛です。

 

 しかし、総司令部に到着したスバルは、ただならぬ違和感に気付くのです……!


「兄さんは気付いた?」
「どうした」
「この司令部……、」


「お土産売り場があるよ」
「馬鹿な」

f:id:hidamaru:20181008151516j:plain
〈アニメ『宇宙戦艦ティラミスⅡ』公式サイトより引用 © 宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会〉

 地球連邦総司令部の入り口、観光地の駅みたいになっています。お金を落としてもらう気まんまんです。

 


「連邦め、なんのためにこんなスペースを……」
「兄さん見てよ」

 

「戦艦ティラミスのカレー味のおかきが売ってるんだけど」
「馬鹿な」(二回目)

 


「どこまで平和ボケしているんだ……。とりあえず、一通り買ってみるか」

 兄ちゃんも暇してます。

 

 

 

「ティラミス関連はこれで全部か」
『たくさんあるですぅ』
「食べ物系が多いな」
『ボクはクッションになってるですねぇ。もふもふ。もふもふ』

 ティラミス関連グッズを一通りそろえてみたイチノセ兄弟。

 

「ヴォルガー・ハマーの牛すじカレー 超辛口」だったり、「しげこのつぼづけ」(やだ。なんとなくやだ、つぼづけってのが絶妙にやだ)だったり、「リージュ・ルロワのチョコクランチ」だったりのラインナップです。

 

 

 そんな中で、

「兄さん……。俺の……、スバル・イチノセ関連グッズが一つもないんだ……」

 悲しい顔のスバル。

 

「いやぁ、待て。確かデュランダルのプラモデルに……。ほら」

 イスズさん、すぐさまフォロー。弟のことをよく分かってます。そう、こいつはめんどくさいんです。

 


 兄が指し示す先には、

お前のフィギュアが付属してるじゃないか

 あぁ、よくあるやつ。
 機体と同じ縮小率で、ガンプラにもついてるヤツ。

 


 しかしそれでも、弟の悲しい笑みは変わりません。

「それなら一番最初にチェックしたさ……。でも……」

 

「ぜんっぜん似てないんだよ……!」

 

 あー。


「俺こんなにシャクレてないし……っ!」

 

 かける言葉がない。

 

こんなの、俺じゃないだろぉっ!!」

 

 スバル、怒りで人形を叩きつけました。

「誰のおかげで地球が守られてると思ってるんだっ! こんなもの、こんなものぉーーっ!」

 続いて足蹴。
 これもコックピット依存症の影響かと思われます。

 


『スバルさんの偽物め、ですっ』

 主人に倣って、人形にキックをかましたパッカーくん。

 

 なんちゃってスバル人形は、まっすぐにイスズの顔に飛んでいき、

「気管支に入ったぁ……!!」

 兄を殺しかけましたとさ。

f:id:hidamaru:20181008151358j:plain
〈アニメ『宇宙戦艦ティラミスⅡ』公式サイトより引用 © 宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会〉

 

 

「ぐ、……れん邦のれんっぢゅう……! いつだってそうだ、うぅっは! 兵士たちをないがしろにする!」

 フィギュアをどうにか吐き出し、ぜぇぜぇ言いつつ地球連邦を貶すイスズ・イチノセ。

 

「スバル、お前はいま再び考える時なのだよ。一体何が本当に正しいのかをなっ!」
「まさか兄さん……」

 イスズさん、前にスバルを「メトゥスの民」へ引き入れようとしてましたもんね。本当は兄弟で争いたくないのです。

 

 と、そこへ。

 

 

「そうか……」

 

「お前が連邦を嫌う理由は……、やはりそこにあったか……。イスズよ」

 

 

 このダンディな声は、小山力也さん……?
 司令部の奥、いい感じで影になってるトコから、近未来感のある車いすに乗って現れたのは、

 

「大きくなったものだな、二人とも……」


「「父さん……!?」」

f:id:hidamaru:20181008151442j:plain
〈アニメ『宇宙戦艦ティラミスⅡ』公式サイトより引用 © 宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会〉

 

 

まとめ。

 デュランダルの開発者・イチノセ父が登場!

 研究に明け暮れ、息子たちを顧みなかった父は、決裂する兄弟に何を思うのか……!

 

 そして彼なら、デュランダルに代わる新型戦闘機を提供できるのではないでしょうか……!?

「デュランダル・真打」とか、「天鎖デュランダル」とか……!?

 

 

 ところで、EDが流れている間にイチノセ兄弟がなんか駄弁ってたので、それも書き起こしてみましょう。

「イスズ兄さん、そんなニヤニヤして何してるの?」
「エゴサーチだよ、スバル」
「そういうのやめなよ……」
「見ろ。お前のことも書いてあるぞ」
「! こんなに。アニメ化って凄いんだね、兄さん……」
「アニメ化って凄いのだよ、スバル……」

 

www.hidamaruanime.com

 

www.hidamaruanime.com