ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

突入、西洋妖怪編。 『ゲゲゲの鬼太郎』第二十七話「襲来!バックベアード軍団」


 ドイツっぽい城から、秘宝な感じの指輪を盗み出したのは、ハロウィンみたいな魔女っ娘でした。

 格上らしい女性から「運命からは逃れられない」的な台詞を投げられるものの、「自分の行く先は、自分で決める!」との強い決意で、彼女は旅立ったのでした……。

 あ、もちろん箒にまたがってます……。

 

 

ゲゲゲの難民問題。

 日本に漂着した、マレーシアの妖怪たち。
 手土産の宝石(ねずみ男が持ってった)と引き換えに、ゲゲゲの森での定住が決まりました。

 しかし、互いの文化の差異が原因で、互いに亀裂が入ります。
 夜中に騒いだり川でおしっこしたり(そういう妖怪)竹林を食い荒らしたり(そういう妖怪)。

 鬼太郎が交渉に行きますが、あっさり論破されちゃいました。しかも仲間サイドとの板挟みだから、世知辛ぇなぁ。

 

 

アニエスとヴォルフガング。

「土地を分けて、互いに顔を合わせない」というモヤモヤした対処が決定した折、なんとビックリ、ねずみ男が持ってた宝石が女の子になりました。

「擬態魔法がパージされた……? ううん、アデルの魔法石を、誰かが使った……?」

 電波です、電波な台詞です。


 そう、この魔女っ娘こそが、新編のキーパーソン「アニエス」ちゃん。黒々としたオールドファッション魔女です。

f:id:hidamaru:20181015154601j:plain


 しかし直後、彼女を追って新キャラ・ヴォルフガングが登場し、しかもマレーシア妖怪を難民に追いやった犯人だというのです。


 おいおいおい、設定が渋滞しとる。

 

 

狼男VS鬼太郎ファミリー。

 マレーシア妖怪たちを次々滅ぼしていくヴォルフガングに、全力で立ち向かうゲゲゲメンバーですが、まったく歯が立たず。
 というのも、ヴォルフガングの正体は「狼男」だったのです。

 一反木綿は食い破られ、ぬりかべは木端微塵に砕かれ、鬼太郎渾身の指ガトリング(!?)も通用しません。


 しかし、アニエスちゃんに渡された銀の弾丸を使い、なんとか追っ払うことに成功したのでした。

 

 

まとめ。

 シリーズを重ねるごとに大物感が増していくことで定番の大妖怪「バックベアード」、彼が率いる西洋妖怪軍団、そして謎の「ブリガドーン計画」。

 新ヒロイン・アニエスが逃れられぬ運命とはいったい。

 

「新編」って付くくらいだから、しばらく続くんでしょうかね。


 次回、「妖怪大戦争」。
 映画みたいなサブタイトルです。

 


ゲゲゲの鬼太郎 第28話予告 「妖怪大戦争」

 

www.hidamaruanime.com