ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

宝多六花&新条アカネ信者にもの申す。 【SSSS.GRIDMAN】


 みなさま、こんにちは。
 今日は『SSSS.GRIDMAN』について語りたいヒダマルです。


『SSSS.GRIDMAN』は、90年代に放送された特撮を現代アニメへとリメイクした作品。
 巨大な変身ヒーローVS怪獣という様式美、熱い戦闘シーンが売りのコンテンツです。

 

 いやぁ、話題になってますねぇ。

 話題になってますよぉ。


 今期アニメ二大ヒロインがな。

 本質の魅力そっちのけでな。

 

 

 いやいやいやいや。

 い~~~~や。


 お前等、それでも男の子かッ!!

 

 

目を覚ませアニメオタクの質がクリエイターに問われてるぞ。


 普段は穏やかにアニメを語るヒダマルだが、本日は声を大にして訴えたい。

 キツイ言葉も辞さない構えだ。

 

 まずは断言する。 

 

 この作品を観て、本当に「六花ちゃん&アカネちゃんかわいい」しか感想が出てこないのだとしたら、日本のアニメ消費者の感性は腐っている。

 

 

 

 Twitterでは、やれふともも担当だやれおっぱい担当だ。

 ブログでは、当アニメにおいて戦闘シーンを楽しみにしてる視聴者なんて一切いないだ。

 

 

 ……お前たちはッ!!

 

 グリッドマンの魅力をぜんぜんわかっていないッ!!

 


 ハイパーエージェント・グリッドマン、記憶喪失の主人公、青春のグリッドマン同盟、彼らを支援するアシストウェポンッ!!


 特撮技術を応用した渾身の戦闘シーン、エヴァを思わせるカット割りに音楽、随所に挟まれるコメディ要素ッ!!


 ウルトラマンかと思わせて戦隊ヒーロー的合体ロボ要素も取り入れてくるッ、熱き血潮の滾るこのアニメの前でッ、

 ヒロインの二人にしか目が行かないだぁッ!?


 節穴っつーんじゃそういうのをッ!!

 

 

 


 いや、認めよう!

 確かにかわいい、宝多六花ちゃんと新条アカネちゃんは抜群にかわいい! ヒダマルとて、その点を否定したい訳ではない!

 

 なんといっても六花さんだ!

 クールに見せかけて情に厚い六花さん、タマゴを彷彿とさせる髪形で流し目を送る六花さんだ!

f:id:hidamaru:20181110164520j:plain


 高根の花を匂わせつつ実はどこにでもいそうな少女であるという二面性、つまり彼女の神髄はッ、「手が届きそう感」にあるッ!!

 

 

 あの、青山の美容室でカットモデル経験のある六花さんだ!!

 

 さらにあの、フランフランでアロマでふゅーざー買ったことのある六花さんだ!!

 朝食にはフルーツグラノーラとスムージー(緑のヤツ)たべる六花さんだ!!

 はいてる靴はいちまんはっせんえん、入学する時おじいちゃんに買ってもらったヤツな六花さんだ!!

 


 第五話の水着回では、このカッコ↓で全力疾走した六花さんだぁーーーーッ!!

f:id:hidamaru:20181110164638j:plain


 もう一度言おう!!

 

 この格好↑で

 全 力 疾 走 だッ!!


 残念ながらカメラに捉えられてはいないが、人類よ想像力だ、想像力を働かせるのだッ!!


 画面の外では大変なことになってたぞッ!?

 怪獣見てる場合じゃねぇぞッ!?

 

 

 


 だぁが・しかぁし!!

 

 そんな六花さんを喰らうのが、我らが新条アカネさんだ!!

 バルタン星人スタイルで初登場しちゃったアカネさんだ!!

 


 制服の上からパーカーを羽織り、

 常に両肩をはだけさせるという不可思議な着こなしを魅せ、

 だからこそ強調される双丘が視聴者のハートをわしづかんで離さないアカネさんだぁッ!!

 

 

 天真爛漫で穏やかな立ち居振る舞いにより誰からも愛されている一方、自宅は汚部屋で重度の怪獣オタク、オリジナルの怪獣フィギュアを作っては実体化させ気に喰わない相手を町ごと抹殺しケラケラ笑ってる彼女は、悪役ヒロインとして抜群の存在感を放っているッ!!

 

 ついた綽名は「円谷のヤベーやつ」だ!!

 


 そしてぇッ!!

 同じく第五話の水着回ではッ、冒頭からこのスタイル↓を見せつける始末だッ!!

f:id:hidamaru:20181111123329j:plain


 か~ら~の~、

 この表情だッ!!

f:id:hidamaru:20181111123257j:plain

 

 我々は知っているッ!!

 女性の肉体美は決して、決して大きさだけでは語り尽くせないことをッ!!

 

 そして彼女は、新条アカネは、サイズ以上に大切なことに改めて気付かせてくれるのだッ!!

 珠玉の弾力をッ、そのアバンチュールな魅力をッ、背徳的なキャラと身体を張ってビシバシ伝えてくれるのだッ!!


 最 高 か ッ !!

 

 

 

まとめ。


 待てぃ。


 いやいやいや、おかしいな。
 どこで間違えた。

 こんなはずじゃなかった……。結局のところヒロインの魅力を全身全霊でお伝えする形になっちゃったな……。

 

 ヒロイン以外の『SSSS.GRIDMAN』の魅力は、べつの記事で解説しましょうかね。
 途中からネタに走りましたが、冒頭の問題提起は真摯に投げかけていますので。

 真面目な話、グリッドマンで「六花ちゃん&アカネちゃんかわいい」しか感じられないヤツぁエロ本だけ読んでろって思ってますし。

 

 ……や、そっち系の本はあれはあれで職人の世界であり、美学や奥深さがあると捉えてますけどねヒダマルは。

 でもアニメになると一気にクオリティが落ちるのは業界全体の由々しき問題で、そこはもっとジャパニメーション技術との融合が真剣に模索されても良いのではないかと前々から、あっ、引かないで。