ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

オマケな話。 その⑩

 

 みなさま、こんにちは。
 新春シャンソンヒダマルです。

 ……という挨拶ネタを思いついたけど、新春まで待てなかったヒダマルです。

 

 

 オマケな話も第十弾。

 始めた頃はこんなに続くと思ってなかったものの、意外とやってけるもんですね。塞翁が馬ですね。

 

 人間万事・DXサイオーガウマ―!!

(超合金的な。言いたかっただけ)

 

 

 

Fate/GrandOrderウエハース5

f:id:hidamaru:20181205141236j:plain

 バンダイのウエハースシリーズ好きですねヒダマル。

 前かがみお姉さんに髭もじゃダンディに鬼っ娘にと、とりとめのないパッケージです。
 ただ、前回までの水着姿がないのは残念だ。

 

 そんな中、ヒダマル的に気になるのは、

 

f:id:hidamaru:20181205141314j:plain

 魔女っ娘。

 これ、黒星紅白さんですよね? 大好きなんですよね黒星さん。出てくれるといいなぁ。

 

 では、開封!

 

f:id:hidamaru:20181205141338j:plain

 結局ですやん。

 

 コレ水着ですやん。

 あるいは何か、ビキニアーマーってか?

 アナタは盾を装備する前に服を着るべきだとおもうよ?

 

f:id:hidamaru:20181205141426j:plain

 お名前はブーディカさん。
 意外とばちゃばちゃした名前……。

 あと、お子さんが二人いらっしゃるみたいです。色々と予想を超えて来るな。

 

f:id:hidamaru:20181205141511j:plain

 キリッ、とした眼差しがステキ。SAOに出てきそうです。

 あと、水着じゃないと思うと逆に……。

 

 

ドラゴンボールマンチョコZ

 f:id:hidamaru:20181205141553j:plain

  フリーザ様がお出迎え。

 今度の映画にも登場して、かなり悪いコトするみたいですね。ここまでブレない悪役って実は珍しい気がします。

『ドラゴンボール超』の最終回は何度観てもイイ。
 

www.hidamaruanime.com

 

 開けてみると……、 

 

f:id:hidamaru:20181205141645j:plain

 誰。

 

 ちょっ、と知らんなぁヒダマル……。

 ジャネンバさん? ドラゴンボールシリーズには珍しく剣を持ってますが。

 

f:id:hidamaru:20181205141710j:plain

 どうも、Zの劇場版に登場したみたいです。どうりで。

 

 劇場版といえばやっぱりブロリーですが、あー行きたいなぁ。

 こういう時、ちょっと贅沢できるくらいな収入を実現したいもんです。

 

 

アーモンドピーク

f:id:hidamaru:20181205141802j:plain

 これまで気付きませんでしたが、パッケージをよく見ると「あなたにごほうびング」という超絶ダサいワードが載ってます。

 クイーンに謝れ。

 

 名画シリーズはこれでみっつめですから、そろそろ打ち止め時かなぁ。

 

 では……、ひょっこり!

 

f:id:hidamaru:20181205141852j:plain

 これは!

 

f:id:hidamaru:20181205141941j:plain

 クリムトの「接吻」。

 ヒダマルがシャガールと勘違いしてたやつです。これでもう間違えることはないでしょう。

 

 いかにも女性的な構図で、現代の「壁ドン」なんかと通じる所があります。女性って自分を外から見ますよね。

 男の場合は「自分を中心に置いた視点から広がって行く」という世界観なんですが。自己中ってことじゃなく。伝わるかな。

 

f:id:hidamaru:20181205142226j:plain

 クリムトさんの頂点かぁ……。

 今更ですが、ヒダマルは人物画より静物や風景の方が好きなんですよね。人物は割とすぐ見飽きます。(萌えが足りねぇんだ萌えが)

 

 しかし、この絵は飽きが来ませんな……。

 見れば見るほど、理解が遠のくというか……。何かを盗もうとしても、途方に暮れる……。

 

 

まとめ。

 やー、楽しいな。オマケ。

 前回→オマケな話。 その⑨ は立体でしたが、カードやらシールやらの方がやっぱり性に合ってます。

 

 今年も残り、あとわずか。

 みなさまも、素敵なオマケライフをお過ごしくださいませ。