ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新。

大晦日な話。

 

 みなさま、こんにちは。
 大晦日は笑ってはいけないを視聴しながら気付いたら年が明けてるパターンが定着しているヒダマルです。

 

 まぁ大人になるとそんなもんですよね。

 だんだんどうでも良くなってきますよね西暦が変わるとか。ヒダマルだけ? 夢がない?
 むぅ、こんなドリーミーな生き方してる人もそこそこ珍しいと思うけど……。

 

 ということで、今年最後の記事は「大晦日な話。」。

 ヒダマルの一年を振り返ると見せかけて普通に雑記と参りますよ。

 

f:id:hidamaru:20181230140631j:plain

 

 

 

年の瀬な叫び。

 大晦日ですよ大晦日。

 大晦日ですよ大晦日。

 大晦日ですよ大晦日。

 

 12月の!!

 31日ですよ!!

 

 ヒダマルの2018年どこいったぁ!!

(冒頭の自分語りどこいった)

 

 

思い出の話。

 いけない、少々取り乱してしまった。

 いや~~だってね。
 歳を経るごとに早くなっていきますよね。年月ってね。怖くもあり幸せでもあるけど。

 

 ただ、この一年間はそこそこ充実してました(当社比)。

 去年や一昨年やその前は死んだように生きてましたからヒダマルは。一昨年なんてほとんど記憶がありませんから。これ本当。

 

 

 

 でも今年はほら、お絵描き練習始めたし、

 

www.hidamaruanime.com

 

 

 ファンアートを描かせてもらったし、

 

www.hidamaruanime.com

 

 

「負け犬プロジェクト」は無事完了したし、

 

www.hidamaruanime.com 

www.hidamaruanime.com

 

 

 ハンドメイドに挑戦したし、

 

www.hidamaruanime.com

 

 

『へやキャン△』楽しかったし、

 

www.hidamaruanime.com

 

 

 お菓子のオマケを集め続けたり、

 

www.hidamaruanime.com

 

 

 pixivやTwitterも覚えたしさ、

 

www.hidamaruanime.com 

www.hidamaruanime.com 

www.hidamaruanime.com

 

 

 ブログの一周年、365日連続投稿に、

 

www.hidamaruanime.com

www.hidamaruanime.com

 

 

 コンテスト出品のため、久々に小説を書き始めたりと、

 

www.hidamaruanime.com
www.hidamaruanime.com

 

 総合的に、けっこう楽しかったりします。

 

 

 それもこれもまぁ、なんだ、恥ずかしい話、ブログを始めたおかげです。

 こういうのはヒダマルが語らなくても色んな方が仰ってるので割愛しますが、しかしひとつだけ言っておこう。

 これでも30年近く生きてるから教えてやろう……。

 

 

 いつも、本当にありがとうございます。

 どうか、よいお年をお迎えください。

 

 

 

鬼が笑う話。

 来年は~……。

 目標っていうと、うぅん……。

 こういうの、あんまり口に出したくない人なんですよねヒダマル。約束をしたくないんです。自分とも。

 

「オリンピックまでに保育士時代の手取り」という目標はもう言っちゃってるので、逆算すればね、いいかげん商売したい感じです。

 中途半端に色々出来るけど、器用貧乏なんですよねぇ……。

 

 

 少なくとも、漆うしるさんに仕事を振れるくらいの収入は……、実現したい、かな……。

 それと、小説、を……。
 もっと書きたい……。

 絵も、もうちょっと押し出してさ……。

 ドール関連の小物やアクセサリー、は、どうかな……。自分の子をお迎えできるのがベストだけど……。

 

 

 基本的に口先だけのヤツ、ってことは自分が一番よく知ってるので、口に出したくないのです。

 鬼が笑うのも無理ないってもんです。

 

 あ、「鬼ヶ笑飛騨丸(おにがわらひだまる)」ってどうかな。苗字。強すぎるかな。

 

 

まとめ。

 そんなこんなな、一年でした。

 こだまさんのファンアートは未だに描けてないし、「地元な話。」の旧伊藤伝右衛門邸シリーズは年をまたぐしで無軌道無計画な『ヒダマルのアニメ日記。』ではありますが、来年もお付き合いくださるなら分不相応の幸いです。

 

 

 うむ。

 いい年だった、悔いはない。

 

 いつか、こんなふうに死ねるように、来年も生きよう。