ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新。

モーリーのメモ

HGUっと!プリキュア、最終回。


 みなさま、こんにちは。
 HUGプリ最終回に滂沱したヒダマルです。


 やー、よかった……。
 全体的に想像通りではあったけど、やっぱね、実際観るとグッときますね。

 てことで、プリキュアの最終回感想です。
「アニメ日記。」の名誉挽回といきます。

f:id:hidamaru:20190131121249j:plain

 

 

 

バトンタッチバトル。

 最終回は三部構成でした。

1、 最終決戦後の日常とバトンタッチバトル。
2、 はぐたんやハリーたちとの別れ。
3、 未来のはなたちの様子。


 バトンタッチバトル(ヒダマルの造語)はまぁ、プリキュアのお約束になってますね。
 新人プリキュアが先輩プリキュアの承認を受けることで、子どもたちの心にキャラクターを受け入れる準備ができるという寸法です。
 ヒダマルとしては、ちょっとダルいかな。

 圧巻なのはここからですよ……。

 

 

はぐたんとの別れ。

 ずるいぜ。

 はぐたんに泣かせるのはずるいぜ。


 別れの時は涙を見せないと誓っていたみんなですが、そこはやっぱりね。我慢できませんよ。

 トラウムの発明「未来へカエルくん」なる列車に乗って元の世界へ帰るメンバーと、涙をこらえながら伴走するみんなを見ていると、
 いつ青空バックの帽子クルクルのアカペラ『Butter-Fly』が流れてくるかとヤキモキしましたよね。


 地味にというか丁寧にというか、チャラリートが涙をぬぐってる描写が一瞬だけあって、そこがツボでした。
 パップルやダイガンほど大人じゃないというか、弱さを見せられないヤツなんですよ……。

 最初の敵であり、最初に救われた敵であり……。敵キャラ出身の中で、プリキュアを最も長く応援した男……。

 かわいい男でしたよ……。

 

 

出産シーン。

 時は流れて2030年、大人になったはなたちの日常……、というより、はなの出産シーン。

 はぐたんがはなに対してのみ最後まで「ママ」と呼んでいたり、未来のキュアはぐたん(?)が「ママ……」と呟いていたり、これはどうなんでしょうね。

 ヒダマルが提唱してた、「はぐたんの母=はな説」は当たったんでしょうかね。意図的にどちらとも取れるような演出にしてました。

 

www.hidamaruanime.com

 

 

 間に挟まれた「えみルーの再会」も素敵でしたねぇ。

 誕生したばかりのアンドロイドに、思い出の曲「キミとともだち」を優しい涙声で歌うえみる……。
 ヒダマル的にはハイライトだと思います。

 ……百合だからか。そうか。

 

 

まとめ。

 よかった。
 これはね、この感動は「子ども向け」ではなく、「子どものため」の作品であればこそですよ。

 ありがとう、HGUプリ。


 そして、次回作は『スター☆トゥインクルプリキュア』。
 宇宙をテーマにしたプリキュアみたいです。「キュアスター」という名前、ありそうでなかった印象です。

www.toei-anim.co.jp

 

 スター☆トゥインクルプリキュアも、一年間楽しませてくれることでしょう。みなさん、涙を拭いて新たな出会いを待ちましょう。

 輝く未来を、抱きしめて……!

 

 

www.hidamaruanime.com

 

www.hidamaruanime.com


『HUGっと!プリキュア』第十五話「迷コンビ…? えみるとルールーのとある一日」がプリキュア史に残るレベルで面白過ぎたので取り上げずにはいられない話。←ここまでで74文字使ってるけど検索流入とかSEOとかそっちのけで情熱のままにタイトル付けたらこうなっちゃった。後悔なんてあるわけない。っていうかもうこのまま記事進めちゃおうか? うん決めたそうしよう、あのね、まずギュイーンとソウルがシャウトするので(以下略) - ヒダマルのアニメ日記。

 

www.hidamaruanime.com