ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『すのはら荘の管理人さん』 第二話「特訓 ちょきちょき 怖いもの」その①


 東京に来て一ヶ月。
 新生活にも慣れた椎名亜樹が、すのはら荘の扉を開けて帰宅すると、

 

「あっくん。お帰りなさい」

 チアガール姿の春原彩花さんが、出迎えてくれました。

 

 南 半 球。
(特に意味はない)

 

 

来たれ運動会。

 彩花さんがチアな格好でいるのは、間近に控えた運動会のため。

 本当は生徒会の一柱・月見里菫(会長大好きガチ百合鼻血)さんが着せる予定で、同じく生徒会の風見ゆり(笑顔の裏が怪しげ)さんが作ったのですが、嫌がったそうです。

 素敵な情報をありがとうございます。


 生徒会長・雪元柚子(色々と小さい)さんが言うことにゃ、ここすのはら荘の住人は運よく同じ赤組同士。

「そこでお前には、彩花さんと親子二人三脚に出てもらう!」

 素敵な展開をありがとうございます。

 

 

これは二人三脚という名を借りた何か別の特訓。

 まずは、ストレッチ。

「あっくん、もう少し強くしても……」
「こ、こうですか……?」
「そう。お上手です」
「変な声出さないでください!」

 

 

 続いて、練習開始。

 足を結んで肩を組みますが、この二人は頭一つ分以上の身長差がありますから、丁度口元のあたりに来ます。

 ヒダマルの私見だけどなッ!!

 何がとは言わないけどなッ!!

f:id:hidamaru:20180717170323j:plain

 


「あっくん上手! そしたら、もう少しスピードを上げてみましょう」

 そして揺れます。

 

 

ちょきちょき。

 練習後、お風呂に入っていたあっくん。

 そこに、彩花さんが入って来ました。
 なんかこうクロスしたりわっかが付いてたりする水着姿でした。白でした。

 

 南極とマリアナ海溝。
(特に意味はない)

 


 彩花さん、長くなっていたあっくんの髪をちょきちょきしてくれます。

「ちょきちょき」言いながらです。

 

 その後も、二人三脚に向けて息を合わせるための特訓。歯磨きしてもらってたり、「あ~ん」だったり添い寝だったりです。

 天国か。

 

 

まとめ。

 彩花さんとの長期に渡る接触で、肉体的精神的負荷限界を超えてしまい、当日は役に立たなかったあっくんでした。


 ところで、前編のインパクトが強すぎてBパートのお話「怖いもの」をまるごとすっ飛ばしちゃいましたね。ということで、その②も作ったのでどうぞ。

 棚町中学生徒会の三人のキャラも、ちゃんと紹介したいことですし。

 

www.hidamaruanime.com

 


 ひとまずは、一迅社が贈る素敵なCMで癒されましょう。

 


【すのはら荘の管理人さん】一迅社CM#02