ヒダマルのアニメ日記。

アニオタ・元保育士・隠れアスペルガーと、三拍子揃ったヒダマルがお送りするアニメ感想ブログ。アニメ関連の雑記や分析なんかもチラホラ。毎日午後8時に更新予定です。

『すのはら荘の管理人さん』 第五話「西瓜 せんせー 酔っぱらい」その②


 管理人さんと一緒の、初めての夏休み。
 彩花さんの方針で、宿題は一気に片付けることになりました。遊ぶのはその後です。

(会長が夏休み入ってすぐ宿題とか、耐えられるとは思えない……)
「はーい!」
「意外と素直っ!?」
「知らないのかよ椎名。すのはら荘では毎年恒例なんだぞ」

 


「早速、明日はあっくんの番ですからね」
(そ、それって……。もしかして二人きり……っ?)

 彩花さんとマンツーマンな状況に、期待を膨らませる中学一年生。


 しかし、そんな彼の心境を見透かして、

(ふ。せいぜいそうして浮かれているがいいさ……。果たしていつまでそんな余裕でいられるかな……)

 不気味なフラグを立てる柚子会長なのでした……。

 

www.hidamaruanime.com

 

 

彩花先生、降臨。

 彩花さんをお部屋に招くため、片付けに励み、

「綺麗にし過ぎても不自然かなぁ~……」

 自意識に翻弄されるあっくん。
 かわいいよなぁこの子(もはやこの感情に違和を感じないヒダマル)

 

 

「そんなに緊張しなくても大丈夫ですよ」と、彼の部屋に入ってきた彩花さんは、

 

 教師のお姿でした。

 謎のバインダー片手に眼鏡装備でした。

 


「今日は、彩花先生と呼んでくださいね」

 

 


 ……あ、もしかして。

 

 彩花さんってまさか。


『ひだまりスケッチ』の吉野家先生と同じ人種か。


 隙あらばコスプレしたい人か。

 

 


「管理に……、彩花先生は見てるだけなんですか? 手伝ってくれたりとか……」
「最初から人に頼ってばかりだと、ダメな大人になっちゃいますよ?」

 くはぁ、刺さる。
 刺さるけど、だがそれがイイ。

 

 

「そのかわり、」

 

「ひとりでぜ~んぶ頑張れたら、ご褒美がありますからね……?」


 ごっほぁ、刺さる。
 突き刺さるぜオイ。

 

 

 けっこうスパルタな彩花先生のおかげで、夏休みの宿題にケリをつけたあっくん。一日で終わらせるとか凄いです。

「彩花先生。宿題、終わりましたけど……」
「分かってますよ。ちょっと、待っててくださいね」


(ああ、ついにご褒美が……!)


 あっくんはバニーガールやらメイドさんやらを妄想しますが、

 

「あっくん。はい、どうぞ」


 残念無念、ご褒美はアイスキャンデーでした。

 そりゃないぜ彩花先生。

 

 


「では私も、自分へのご褒美に」


 はむ。

 ぱく。

 ぺろぺろ。

 


(これは、これで……っ!!)


 新たな視野を広げた中学一年生でしたとさ。

 

 

彩花さん酔っぱらいモード。

 酒屋の八雲さんが届けてくれた、お祝い用のライムジュース。
 一日頑張ったあっくんは、特別に一本開けることを許されました。

「いいんですかっ? じゃあ僕が開けますね」


 ぷしゅう。


 瓶から溢れる炭酸の泡。

 そう、あっくんは間違えて、お中元代わりのビール瓶を開けてしまったのです。
 こうなれば、大人の彩花さんが飲むしかありません。

 

 

「それでは、楽しい夏休みにしましょう」
「はいっ」
「「かんぱーい!」」


 そこへ帰って来た生徒会メンバーですが、

「っ!? おいまさかっ。椎名お前、彩花さんに酒を飲ませたんじゃ……っ!!」

 

 

「柚子ちゃんおかえり~」

 酔っ払ったっぽい彩花さん、会長に飛びつくと、

「ん~」
「ん~じゃないん~じゃない! ……っ!」

 画面の外で、なんかやらかしました。

 

「彩花さんは酔うと人を襲い始めるの……」

 驚愕の事実。

 


「ここは私が食い止める。ゆりは椎名と一緒に落ち着くまで隠れていて」
「だめよ、菫ちゃんだけを置いていけないわ!」
「ゆり……」

 バトルな会話をしていた菫さんとゆりさんも襲われ、酔っぱらいの餌食になりました。

 

 

あっくんVS彩花さん。

(会長……。月見里先輩……。ゆりさん……)

 目の前に広がる惨状に、後ずさるあっくん。


(逃げる? いや、先輩たちを見捨てる訳には……)


(僕が管理人さんをなんとかしなくちゃっ!)


 壁ドォンっ!!

f:id:hidamaru:20180809224950j:plain


「あ~、あっくんだ~……」
(だめでした……)


 負けるの早いな。

 


 絶体絶命の壁ドン体勢で、最後の抵抗をみせるあっくん。

「管理人さんっ、こういうのは、お互い好き合ってる人同士じゃないと……!」
「私はみんなのこと好きだけど、あっくんは違うの……?」
「好きっ、ですけど……」

 


 彩花さんのほろ酔い顔が、ゆっくりと近づき、

「やっぱりダメですっ! こういうのは順序を踏んで僕から男らしくリードを……っ! ……?」


 気付くと、静かに寝息を立てていました。

 

 

 


 あっくんの膝枕で目を覚ました彩花さん。

 お酒好きの割には、すぐ酔って寝ちゃうみたいです。
 そして、酔ってた時のことはまったく覚えていないそうです。オオカミ人間みたいだ。


(まあ、覚えてないなら逆に聞かれなくて良かったかも……)

 リビングを去る彩花さんの背中を見送りつつ、安堵するあっくんでしたが……、

 

「あっくん?」

「はい?」

 

 


「私……、待ってますね」

 

 

 

まとめ。

 すのはら荘に脅威をもたらした、彩花さん酔っぱらいモード。

 みなさん悶絶して床に倒れておりましたが、具体的に何が起きたんでしょうかね。

 

 次回、第六話は「じぇーけー 水着 夏休み」。

 彩花さんの妹、春原奈々さんが登場するそうです。
 二週連続水着回とか。

 

www.hidamaruanime.com 

www.hidamaruanime.com